コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクサ

百科事典マイペディアの解説

カニクサ

ツルシノブとも。本州中部以南に分布するフサシダ科の夏緑性つる状シダ。茎は地下にあって小さく,葉は相次いで出,特殊な形の3回羽状複葉になる。葉柄,中軸は細い針金状で,木などにからんで長さ数mになる。胞子嚢群のついた葉の裂片は幅狭く縮む。古くから胞子を利尿などの薬とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カニクサ【climbing fern】

ツルシノブともいう(イラスト)。暖地に普通のつる性の夏緑性草本で,フサシダ科に属するが,カニクサ科を独立させる考えもある。根茎は地中を短くはい,毛があって鱗片はない。葉は複葉となるが,掌状または羽状の対になる小羽片を出しながら,先端は生長を止めることなく伸びるので,日本の暖地では高さ2mを超えることが珍しくない。胞子囊は小羽片の小葉の縁にできる小さい裂片に2列に並ぶ。脈上に1個ずつつき,大型で,胞子囊群というべきまとまりはもたず,1個ずつ包膜におおわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニクサ
かにくさ / 蟹草
Japanese climbing fern
[学]Lygodium japonicum (Thunb.) Sw.

カニクサ科の多年性シダで、つる性。根茎は地中をはい、葉は4メートルにもなり他の植物に巻き付く。羽片は1対の小羽片だけを伸ばして成長を止めるので、先端は小さな芽のようになっている。関東以西の暖地の山野に生える。中国では『本草(ほんぞう)綱目』などにこの名があり、利尿に使われたほか、サソリなどの毒消しにも用いた。胞子は丸薬の包衣とした。これが海金砂(かいきんしゃ)である。東インド諸島でも、この仲間を毒ヘビ、毒虫にかまれたときの毒消しとして利用する。またフィリピンやビスマーク諸島ではこの類の葉軸でバスケットや帽子を編む。熱帯アフリカの一部でも漁網を編んだり、わなの材料などにする。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カニクサの関連キーワード西表三味線蔓節祭[祖納]ツルシノブ三味線蔓三味線葛海金砂汗疹草毒消し蟹草糸葛花葛蟹蔓叩草砂草蔓忍蔓葱

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android