コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタン(日本史) カピタン

百科事典マイペディアの解説

カピタン(日本史)【カピタン】

ポルトガル語の音写で,甲比丹,甲必丹の字をあてる。〈長〉の意。マカオ〜長崎間のポルトガル貿易に最高の権限を有したカピタン・モーロ(mor)に由来し,のち転じて他の外国人,中国人やオランダ人の代表に用いた。
→関連項目通事/通詞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カピタン(日本史)の関連キーワードオランダ風説書オランダ商館平戸[市]出島通詞