コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタン(日本史) カピタン

1件 の用語解説(カピタン(日本史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カピタン(日本史)【カピタン】

ポルトガル語の音写で,甲比丹,甲必丹の字をあてる。〈長〉の意。マカオ〜長崎間のポルトガル貿易に最高の権限を有したカピタン・モーロ(mor)に由来し,のち転じて他の外国人,中国人やオランダ人の代表に用いた。
→関連項目通事/通詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カピタン(日本史)の関連キーワードポルトポルトガル語甲比丹拉葡日対訳辞書コスタデプラタバターリャポルトセグーロポルト(ポート)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone