コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタン(甲比丹) カピタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピタン(甲比丹)
カピタン

「加比丹」「甲必丹」とも書く。ポルトガル語の capitãoから転訛したもので,「かしら」「船長」の意。鎖国時代の日本ではオランダ商館長をさした。商館長は普通1年任期で,年頭には江戸参府を,また着任の際は『和蘭風説書 (おらんだふうせつがき) 』の提出を義務づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カピタン(甲比丹)の関連キーワードオランダ屋敷李旦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android