コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマドウマ カマドウマDiestrammena apicalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマドウマ
Diestrammena apicalis

直翅目カマドウマ科。体長 15mm内外。体は一面褐色で側扁し,背は丸い。顔面は黄色。翅はない。触角は糸状で非常に長い。後肢は長く,発達した跳躍肢になっているが脱落しやすい。夜行性で,人家の周辺や洞窟内に多い。本州,四国,九州に分布する。 (→直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カマドウマ

直翅(ちょくし)目カマドウマ科の昆虫の1種。体長20mm内外,暗褐色で背面は湾曲し,後肢が長く,よく跳ぶ。床下や台所など家屋内の陰湿な所を好む。夜間活動し,動物質や菌などを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマドウマ
かまどうま / 竈馬
camel cricket

昆虫綱直翅(ちょくし)目カマドウマ科の昆虫の総称、またはそのうちの1種。カマドウマ類は直翅目のなかでもまったくはねがなく、体長はおよそ10~25ミリメートルで、体は太くて短く干したエビのように曲がり、はねを失った補償として後肢(こうし)が長大となり、それに応じて触角も長く発達している。直翅目のなかではコロギス類に類縁が近く、コオロギ類とキリギリス類を結ぶ中間的存在であり、はねがないため、これらのように発音することもなく、また前肢に鼓膜(こまく)ももたない。肢(あし)(ふせつ)は4節で縦に平たい。腹端にはやや長めの尾角があり、雌では上方に反った剣状の産卵管をもつ。夜行性で、昼間は暗い所を好み、洞窟(どうくつ)もかっこうのすみかになっている。多くは群がってじっとしており、夜になると餌(えさ)を求めて出歩く。雑食性であるが、動物質を好んで食べる。カマドウマの名は、昔、人家に侵入したものが台所のかまど近くでよくみられたことと、姿や跳びはねるさまがウマを連想させるところから出た。日本には約10種のカマドウマ類が知られている。本州から九州に分布するカマドウマDiestrammena apicalisは、体長15ミリメートル内外、全体褐色の種で、人家や石灰洞などに普通。マダラカマドウマD. japanicaは黒と白のまだら模様のある大形種で、日本全土にみられる。クラズミウマTachycines asynamorusは薄いまだら模様があって、前種より小形で、人家の内外にすんでいる。山地の林内にはコノシタウマT. elegantissimusがいる。そのほかの種は、おおむね石灰洞にみいだされ、洞窟動物として扱われている。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カマドウマの関連キーワード御竈蟋蟀・御竃蟋蟀カマドウマ(竈馬)海老蟋蟀・蝦蟋蟀マダラカマドウマ後藤ひろひとコノシタウマクラズミウマ竈馬・竃馬洞窟動物いいぎり海老蟋蟀御竈蟋蟀いとど斑竈馬木下馬洞穴竈馬