コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ・オブスキュラ camera obscura

翻訳|camera obscura

世界大百科事典 第2版の解説

カメラ・オブスキュラ【camera obscura】

ラテン語で〈暗い部屋〉の意味。正しい読みは〈カメラ・オブスクラ〉。暗い部屋で,小さな穴を通して壁に外の景色が映し出されるという光学的原理はよく知られている。紀元前に中国の墨子ギリシアアリストテレスによって知られていたといわれ,11世紀のイブン・アルハイサムの研究報告やレオナルド・ダ・ビンチの非公開のメモなどにも,その光学的考察の記述が見られる。はじめは字義どおり,暗い部屋の中で日食の観察や絵の下描きのために用いられたが,16世紀ころになるとピンホール代り凸レンズが装着され,17世紀に入ると現在のカメラの原型といえる暗箱型のカメラ・オブスキュラが完全な遠近法による絵を描くための“道具”として普及する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカメラ・オブスキュラの言及

【カメラ】より

…写真を撮影するための装置。カメラの起源はカメラ・オブスキュラcamera obscuraであり,これは〈暗い小部屋〉という意味のラテン語である。すでに前3世紀の幾何学者ユークリッドは,暗い部屋の壁面の小孔を通る光線により外の風景が投影されることを認めていたといわれ,また11世紀ころにはアラビア人たちが天幕製のカメラ・オブスキュラを楽しんでいたという。…

【カメラ】より

…写真を撮影するための装置。カメラの起源はカメラ・オブスキュラcamera obscuraであり,これは〈暗い小部屋〉という意味のラテン語である。すでに前3世紀の幾何学者ユークリッドは,暗い部屋の壁面の小孔を通る光線により外の風景が投影されることを認めていたといわれ,また11世紀ころにはアラビア人たちが天幕製のカメラ・オブスキュラを楽しんでいたという。…

【写真】より

…しかし彼自身の考案とは書いていないので,この装置はその前からよく知られていたものと考えられる。また後にレオナルド・ダ・ビンチによって書き残されたメモのなかにも,〈カメラ・オブスキュラ〉の名がたびたび使われており,それが実在していたと推測される。そして同じイタリアの自然哲学者G.B.dellaポルタの《自然魔術》(1558)の記述では具体的に,カメラ・オブスキュラの絵画への応用を推奨している。…

※「カメラ・オブスキュラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カメラ・オブスキュラの関連キーワードレオナルド・ダ・ビンチニコラ ル・リッシュカメラ・オブスキュライブン・アルハイサムピンホール・カメラカメラ・オブスクラカメラオブスクラピンホールカメラオランダ文学カナレットグアルディダゲールニエプス畠山直哉ラテン語ベーツ黒点写真幻灯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android