カラアザール(英語表記)Kala-Azar

翻訳|kala-azar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラアザール
Kala-Azar

黒熱病ともいう。鞭毛虫類一種であるリーシュマニアという原虫の寄生によって起きる疾患。中国,ロシア,インド,エジプト,東アフリカ,地中海地方に分布する。カラアザールとはベンガル語で黒熱 black feverという意味。砂ハエの一種によって媒介され,主として脾臓肝臓,骨髄などに寄生する。症状は初め高熱,貧血,肝臓や脾臓の腫大などであるが,慢性期になると貧血が高度となり,皮膚に土色の色素沈着が出てくる。治療は5価のアンチモン製剤が有効。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カラ‐アザール(〈ヒンディー〉kālā-āzār)

《黒い病気の意》鞭毛虫(べんもうちゅう)の一種リーシュマニア‐ドノバニの感染で起こる悪性の感染症。サシチョウバエが媒介。発熱と皮膚の黒褐色の色素沈着とが目立つため黒熱病ともいわれ、致命率が高い。流行地は中国の揚子江以北・インド・中近東・地中海沿岸・中南米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カラアザール【kālā-āzār】

〔黒い病気の意〕
中国・インド・地中海沿岸・南アメリカ・中央アフリカなどに地方病的に存在する原虫感染症。発熱・肝脾腫・貧血をきたし、末期には皮膚が黒褐色になる。黒熱病。アッサム熱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカラアザールの言及

【リーシュマニア】より

…ハエの体内では,長さ10~20μmの細長い形をしており鞭毛を有する。リーシュマニアには,黒熱病(カラアザール)をひき起こすドノバニL.donovani,東洋腫をひき起こすトロピカL.tropicaなどが知られている。黒熱病では,サシチョウバエに刺された後,1ヵ月後くらいから脾臓が腫大し,皮膚に黒褐色の沈着が生じる。…

※「カラアザール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android