カラシナ(芥子菜)(読み)カラシナ(英語表記)Brassica juncea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科の越年草で,中央アジア原産。根生葉はへら形,長い葉柄があり,長さ約 20cm。葉面はしわがあり縮んでいるものもある。4月頃,茎頂総状花序を出し,有柄の黄色十字状花をつける。中国や日本で古くから栽培される菜の一種で,葉や種子辛みがある。この種子からカラシをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android