コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラシリス カラシリスkarasills; calasiris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラシリス
karasills; calasiris

広義には古代エジプトのロインクロス (腰衣) を除く男女の衣服の総称。狭義には新王国時代の薄地亜麻布製ひだつきの巻衣。語の出典は古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの『歴史』にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラシリス【kalasiris】

新王国時代(前1552‐前1070)を通じて,エジプト人がロインクロスの上に着た,薄い半透明な亜麻織物のチュニック式ローブ。名称は小アジアやイオニアで用いられた同種のチュニック(トゥニカ)に由来する。1枚の布を真ん中で折りたたみ,折り目の中央には頭を出すための切れ目をいれ,両脇は腕を通す上部を残して縫う。腰に巻いた1本の紐で身体に固定する。【井上 泰男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラシリスの関連キーワードカンディス広義

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android