コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスノエンドウ

百科事典マイペディアの解説

カラスノエンドウ

ヤハズエンドウとも。日本全土の草地にはえるマメ科の一〜二年草。全体に軟毛がある。葉は羽状複葉で,先端が矢はず形の小葉4〜8対からなり,先は巻きひげとなる。花は紅紫色,長さ15mm内外の蝶(ちょう)形花で,柄はごく短く,春,葉腋に1〜2個ずつつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスノエンドウ
からすのえんどう / 烏野豌豆
[学]Vicia sepium L.

イブキノエンドウの別名。ヤハズエンドウも同じくカラスノエンドウとよばれることがある。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラスノエンドウの関連キーワードスズメノエンドウ(雀の豌豆)ザートウイッケンスズメノエンドウザートウィッケンコモンベッチアスパラギン果実(植物)かすまぐさカスマグサラチリズム雀野豌豆かすま草矢筈豌豆ベッチ犬空豆石豌豆野豌豆

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラスノエンドウの関連情報