カルノー石(読み)カルノーせき(英語表記)carnotite

翻訳|carnotite

世界大百科事典 第2版の解説

カルノーせき【カルノー石 carnotite】

ウラニルバナジン酸塩鉱物の代表種の一つ。化学組成K2(UO2)2(V2O8)・3H2O。単斜晶系。鮮黄色~鮮黄緑色。肉眼的には土状の粉末であるが,顕微鏡下では微細な板状結晶が見えることもある。主産地はアメリカ西部のコロラド高原地方。同地では,三畳系~ジュラ系砂岩層中に形成されている,いわゆる砂岩型ウラン鉱床鉱石鉱物で,砂岩中の割れ目や砂粒間の空隙を埋めたり,植物破片を置き換えたりして産する。製錬時にはウランバナジウム,時にラジウムが回収される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルノー石
かるのーせき
carnotite

堆積(たいせき)型ウラン鉱床中に産する重要なウランの鉱石鉱物。砂岩中の炭質物質の周りに濃集して生成され、既存の初生ウラン鉱物とバナジウムを主成分とする物質の酸化分解と、地下水の作用で沈殿するものと考えられている。原子配列上は通常のバナジン酸基と異なり、VO5というV5+(5価のバナジウムイオン)を囲む正方錐(すい)が2個、稜(りょう)を共有して結合した[V2O86-という基本基をもつ。そのためにバナジン酸塩ではなく、ほかの多重バナジン酸塩鉱物同様、系統分類上酸化物に入れられることもある。基本基の一部を構成する[V2O8]をバナジン酸基とみるか酸化物とみるかによって系統分類上の位置が異なる。カルシウム(Ca)置換体のツヤムン石やその低位水化物メタツヤムン石metatyuyamunite(化学式Ca[(UO2)2|V2O8]・3~5H2O)とは外見上区別しがたい。初期の原子爆弾の原料となったウランは、おもにこの鉱物から抽出精錬された。フランスの工業技術者カルノーMarie Adolphe Carnot(1839―1920)にちなんで命名された。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android