コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルノー石 カルノーせき carnotite

翻訳|carnotite

3件 の用語解説(カルノー石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルノー石
カルノーせき
carnotite

K2(UO2)2(VO4)2・3H2O 。レモン黄ないし緑黄色放射性鉱物。粉末状集合,薄膜状,斑点をなす。酸類にたやすく溶ける。比重 4.70 。砂岩中に産し,2次ウラン鉱物として重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カルノーせき【カルノー石 carnotite】

ウラニルバナジン酸塩鉱物の代表種の一つ。化学組成K2(UO2)2(V2O8)・3H2O。単斜晶系。鮮黄色~鮮黄緑色。肉眼的には土状の粉末であるが,顕微鏡下では微細な板状結晶が見えることもある。主産地はアメリカ西部のコロラド高原地方。同地では,三畳系~ジュラ系砂岩層中に形成されている,いわゆる砂岩型ウラン鉱床鉱石鉱物で,砂岩中の割れ目や砂粒間の空隙を埋めたり,植物破片を置き換えたりして産する。製錬時にはウランバナジウム,時にラジウムが回収される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルノー石
かるのーせき
carnotite

堆積(たいせき)型ウラン鉱床中に産する重要なウランの鉱石鉱物。砂岩中の炭質物質の周りに濃集して生成され、既存の初生ウラン鉱物とバナジウムを主成分とする物質の酸化分解と、地下水の作用で沈殿するものと考えられている。原子配列上は通常のバナジン酸基と異なり、VO5というV5+(5価のバナジウムイオン)を囲む正方錐(すい)が2個、稜(りょう)を共有して結合した[V2O86-という基本基をもつ。そのためにバナジン酸塩ではなく、ほかの多重バナジン酸塩鉱物同様、系統分類上酸化物に入れられることもある。基本基の一部を構成する[V2O8]をバナジン酸基とみるか酸化物とみるかによって系統分類上の位置が異なる。カルシウム(Ca)置換体のツヤムン石やその低位水化物メタツヤムン石metatyuyamunite(化学式Ca[(UO2)2|V2O8]・3~5H2O)とは外見上区別しがたい。初期の原子爆弾の原料となったウランは、おもにこの鉱物から抽出精錬された。フランスの工業技術者カルノーMarie Adolphe Carnot(1839―1920)にちなんで命名された。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルノー石の関連キーワードバナジンケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)鉄鉱物バナジン酸塩バナジン酸塩鉱物ヒ酸塩鉱物(砒酸塩鉱物)マンガン鉱物リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物)オルトバナジン酸塩二バナジン酸塩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone