コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルパ・スートラ カルパ・スートラ Kalpa-sūtra

3件 の用語解説(カルパ・スートラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルパ・スートラ
カルパ・スートラ
Kalpa-sūtra

バラモン教の祭式綱要書。成立年代は未詳だが,前4~3世紀頃と推定される。その数は非常に多いが,完全な形のものはシュラウタ (天啓) ,グリヒヤ (家庭) ,ダルマ (律法) ,シュルバ (祭壇) の4スートラから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルパ・スートラ

古代インドバラモン教の祭祀儀礼の綱要書。ベーダ聖典の理解・実践のための手引書《ベーダーンガ》6種の中でも最重要視される。前6世紀―前2世紀に成立。公私にわたる祭式執行や日常生活の義務等を規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルパ・スートラ
かるぱすーとら
Kalpa-stra

インド最古の聖典ベーダを中心とした祭祀(さいし)に関する綱要書。「祭事経」と訳される。それには、祭官であるバラモンの生活規範を記した『ダルマ・スートラ』(法律経)、複数の祭官を用いる大規模な祭祀を記した『シュラウタ・スートラ』(天啓経)、祭官を用いない小規模な家庭内祭祀を記した『グリヒヤ・スートラ』(家庭経)、祭壇や火炉の設置法などを記した『シュルバ・スートラ』(祭壇経)がある。成立年代は紀元前400年から前200年のころとされる。[松濤誠達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルパ・スートラの関連キーワードアシュバメーダバラモン教ブラーフマナ婆羅門未詳バラモン参アタルバ・ベーダカルパ・スートラリグ・ベーダ正統バラモン教

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone