コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルフール カルフール Carrefour s.a .

3件 の用語解説(カルフールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルフール
カルフール
Carrefour s.a .

フランスの大型小売グループ。 1960年創業。フランス東部アヌシーの小さなスーパーマーケットから出発,急激に成長した。 63年パリ郊外にハイパーマーケット設立。 69年ベルギーに進出,その後大型小売店を規制するロワイエ法 (1973) の施行によって本格的に海外進出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カルフール

イオングループが展開していたスーパーマーケットのチェーンフランス発祥。日本国内の店舗は「イオン」にブランド転換されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルフール
かるふーる
Carrefour S.A.

フランスの小売企業。本業以外ではガソリン販売、金融、保険投資信託販売、旅行サービス自動車用品および関連サービスなどに多角化している。2000年にフランスの大手スーパーマーケット・チェーン、プロモデスPromodsと合併し、世界第2位の流通企業となった。[簗場保行]

積極的な国外進出

1959年、スーパーマーケットを経営していたフルニエFournierとデフォレイDefforey両家の共同出資により資本金70万フランで設立された。翌年フランス南東部のオート・サボアHaute-Savoieに店舗をオープン。1963年にはパリ郊外に巨大なセルフサービス店を開業し、ハイパーマーケット(売場面積2500平方メートル超のセルフサービス店)の元祖といわれた。同社の国外展開は1969年にベルギーに進出したのが最初である。早い段階から海外進出を行ったことが特色であるが、それは国内市場の成熟・飽和と厳しい出店規制のためであった。1970年代からラテンアメリカへ進出し、1975年ブラジル、1981年にはアルゼンチンに出店した。北アメリカには1989年に進出したが3年後に撤退。一方、アジア地域は1989年台湾に出店して成功を収め、1994年以降マレーシア、香港(ホンコン)、タイ、韓国へと順次進出した。中国には1995年に進出した後、出店を加速し2011年までに180店舗以上に達している。カルフールはこれらの国で業界トップクラスの地位にある。[簗場保行]

事業戦略

カルフールの出店戦略の特色は、都市周辺に円を描くように多店舗を配置し中心を包囲する形をとる。これは母国で成功したモデルを各国で踏襲しているといえる。物流戦略として、食料品と日用品の取り扱いを中心としていることと関係するが、コスト削減のために輸入依存度を下げ、可能な限り進出国での商品調達を基本目標としている。地域共通プライベート・ブランド商品の開発、供給ネットワークの構築にも取り組んでいる。また、メーカーとの直接取引によって仕入れ価格を大幅に引き下げる低価格戦略が同社の武器である。
 業態戦略として、国外展開では従来ハイパーマーケット主体であったが、現在は柔軟である。すなわちアジア市場では市場シェアの早期獲得のためハイパーマーケット主体で展開し、ラテンアメリカでは市場が成熟しつつあることと関係してスーパーマーケット、ディスカウント・ストアの展開に移行し、さらにフランス、イタリア、スペインなどハイパーマーケットの超成熟市場ではコンビニエンス・ストアなどの業態を補完的に展開している。2000年にはネット販売のための新会社を設立し流通チャネルを多様化した。同年、グローバル商品調達機構GNX(Gloval Net Exchange)をシアーズ・ローバック社、オラクル社と共同発足させている。2005年にフランスの大手スーパーマーケット、シャンピオンChampionを買収した。
 2010年末時点で、世界32か国で9564店舗を展開。内訳はフランス国内4558店、ヨーロッパ諸国4107店、ラテンアメリカ諸国529店、アジア諸国370店。業態別ではハイパーマーケット1401店、スーパーマーケット2952店、コンビニエンス・ストア5059店、その他152店。2010年の売上高は1010億1800万ユーロ、グループの総従業員数は41万1000人。[簗場保行]

日本における事業展開

日本では2000年(平成12)にカルフール・ジャパンを設立し、千葉市幕張(まくはり)に1号店を開店、次いで東京の南町田、大阪の和泉(いずみ)市光明池、埼玉の狭山(さやま)に開店した。しかし、業績不振のため2005年にはカルフール・ジャパンの全株式を大手スーパーマーケットのイオンへ売却、イオンマルシェにかわり、日本市場から事実上撤退した。[簗場保行]
『清尾豊治郎著『巨大流通外資――「強さ」と「弱さ」を解き明かす』(2001・日本経済新聞社) ▽根本重之・為広吉弘編著『グローバル・リテイラー――日本上陸を開始した巨大流通外資』(2001・東洋経済新報社) ▽小島郁夫著『日本の流通が壊滅する日――巨大外資カルフール・コストコ・ウォルマートの襲来』(2001・ぱる出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルフールの関連キーワードグループ学習大クープランフランスソワールCOGEMAグループリーググラン・アングロ・フランセ・トリコロールブービエ・デ・フランダースボルドー・マスティフキリックスグループアルゴテルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルフールの関連情報