コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボ Carbo, Arvina Gaius Papirius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボ
Carbo, Arvina Gaius Papirius

[生]?
[没]前81
古代ローマの政治家。内乱時はキンナ派。前 90年護民官 (トリブヌス・プレビス ) 。のちマリウス派からスラ派に移ると,G.マリウスの命を受けたブルーツス・ダマシップスによって殺された。

カルボ
Carbo, Gaius Papirius

[生]?
[没]前119
古代ローマの政治家。 T.グラックス (→グラックス兄弟 ) の改革に協力。前 131年護民官 (トリブヌス・プレビス ) 。翌年土地査察委員となった。前 122年閥族派 (オプチマテス ) に移り,その支持を得て前 120年執政官 (コンスル ) に就任。しかし閥族派の不信の念は消えず,陰謀と搾取の罪に問われて自殺した。

カルボ
Carbo, Gnaeus Papirius

[生]前130頃
[没]前82. シチリア島,リリバエウム
古代ローマの政治家。 L.キンナ,G.マリウスと組み,前 87年スラ派の防衛していたローマを陥れ,前 85年執政官 (コンスル ) に就任。 L.スラの東方からの帰還にそなえ,イタリア諸市へ市民権を賦与した。前 82年マリウスとともに執政官に再任され,スラ派と連戦ののちスラの部将メテルス・ピウスに敗れ,アフリカに逃れたが,グナエウス・ポンペイウスに捕えられ,処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボ
かるぼ
Carlos Calvo
(1824―1906)

アルゼンチンの国際法学者。ブエノス・アイレス生まれ。パリ滞在中1863年『ヨーロッパ及びアメリカの国際法の理論と実際』を著し、1885年以後外交官となる。パリで没した。カルボを今日有名にしたのは、国家と外国人との間の契約上の紛争については、その本国政府は外交的保護権を行使すべきでないという「カルボ主義」と、それを内容とする「カルボ条項」である。[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

カルボ

生年月日:1824年2月26日
アルゼンチンの法学者,外交官
1893年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カルボの関連キーワードカルボキシメチルセルロースナトリウムスパゲティ・アッラ・カルボナーラビタミンK依存カルボキシラーゼ鉄カルボニル(データノート)ガネーシュ・ヒマール[山]アミノ酸デカルボキシラーゼ金属カルボキシペプチダーゼカルボキシメチルキシランジカルボキシルアミノ酸尿スパゲティ・カルボナーラカルボン酸エステラーゼカルボキシペプチダーゼヒドロキシカルボン酸フェノールカルボン酸オキシカルボン酸カルボキシラーゼカルボニル化合物ガルガーノ山地ヒドロキサム酸カルボキシル化

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルボの関連情報