コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロマン カルロマン Carloman; Karlmann

3件 の用語解説(カルロマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロマン
カルロマン
Carloman; Karlmann

[生]751?
[没]771.12.4.
カロリング朝時代のフランク王 (在位 768~771) 。カルルマンとも呼ばれるピピン (小ピピン) の次男,カルル1世 (大帝) の弟。父の死後,兄カルルフランク王国共同統治。若くして病死したため,父以来のザクセン族征討は兄の手に残された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カルロマン
カルロマン
Carloman; Karlmann

[生]830頃
[没]880.9.22.
東フランク王ルートウィヒ2世 (ドイツ王) の長男。カルルマンとも呼ばれる。叔父の西フランク王カルルが西ローマ皇帝カルル2世 (禿頭王) となり,父はこれに対抗したため教皇から破門された。 877年叔父が死ぬと,カルロマンを支持する貴族たちは教皇に強制して,彼を実質上の皇帝にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カルロマン
カルロマン
Carloman

[生]?
[没]884.12.12.
西フランク王(在位 879~884)。ルイ2世の二男。879年父ルイ2世の死去を受け,兄ルイ3世と共同で王位についた。2人は父王の最初の妻との間の子だったが,それは祖父カルル2世が認めない結婚だったため,王として受け入れられるまでには曲折があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルロマンの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比没・歿勃・歿・没N末端残基アルヌルフ[ケルンテンの]Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルロマンの関連情報