カワトンボ(河蜻蛉)(読み)カワトンボ(英語表記)Mnais pruinosa

世界大百科事典 第2版の解説

カワトンボ【カワトンボ(河蜻蛉) Mnais pruinosa】

トンボ目カワトンボ科の昆虫。体長約50mm。雄とも金属緑色の体に,雄は透明,または橙黄色ないし橙赤色,あるいは赤褐色のをもち,雌では通常透明翅を有する。成熟した雄は体に白粉を帯びる。いずれも春季早く出現して,夏季には山間を除いて姿を消す。北海道,本州,四国,九州,隠岐に分布する。日本ではニシカワトンボ(イラスト),ヒガシカワトンボ(イラスト),オオカワトンボの3亜種に分けられるが,西日本ではニシカワトンボとオオカワトンボが,本州中部ではこれら3亜種のうち2亜種が混生する場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android