コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワトンボ カワトンボ Mnais pruinosa

3件 の用語解説(カワトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワトンボ
カワトンボ
Mnais pruinosa

トンボ目カワトンボ科。腹長 40mm内外,後翅長 38mm内外。体は金属光沢のある緑色で,雄は成熟すると白色粉におおわれる。翅の色は多型で,雄では透明型,橙色型,淡橙色型,褐色型の4型があり,雌では透明型と淡橙色型の2型がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カワトンボ

カワトンボ科のトンボの1〜数種。体長55mmほど。金緑色で雄は老熟すると白粉を生じる。雄の翅はだいだい色型と透明型とあるが,雌は透明型がほとんど。だいだい色型は地方によって変化がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワトンボ
かわとんぼ / 川蜻蛉
[学]Mnais pruinosa

昆虫綱トンボ目カワトンボ科に属する昆虫。体長約50ミリメートル、後翅(こうし)長40ミリメートル。体は雌雄とも金属光沢のある緑色で、胸側にわずかに黄条が入る。北海道、本州、四国、九州および隠岐(おき)諸島に産する。日本特産種で次の3亜種に分けられる。ニシカワトンボは、本州中部から九州の南端部まで分布するが、雌のはねはつねに透明であるのに対し、雄では透明翅型のほかに橙黄(とうこう)色翅型があり、大分県以南では黒褐色翅型にかわる。ヒガシカワトンボは、北海道から本州中部まで分布し、雌雄とも胸部の後腹板前半には1対の黄点がみられる。この亜種の雄では透明翅型と橙黄色翅型があり、後者でははねの前縁の不透明条が広いものや狭いものなどいろいろな個体がある。オオカワトンボは、前記の2亜種より大形で、分布がニシカワトンボとほぼ重なるが、雄には透明翅型、濃橙赤色翅型、淡橙色翅型があり、雌にも透明翅型と淡橙色翅型がある。また、胸部後腹板は、初め黄紋を有するが成熟した雄では全体黒色となる。
 カワトンボ類は、全体に成熟雄は体に白粉を帯びる。また、いずれも春季早くから流水のあたりに出現し、夏季には山間部のものだけが残る。幼虫は清い流水に育つが、1世代3年くらいを要する。本属の種はさらに東南アジアの大陸部に3種2亜種を認める。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワトンボの関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉ミヤジマトンボ赤トンボカワトンボ(河蜻蛉)ムカシカワトンボ(昔河蜻蛉)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カワトンボの関連情報