コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワラケツメイ

百科事典マイペディアの解説

カワラケツメイ

本州〜九州,東アジアの川原などの日当りのよい草地にはえるマメ科の一年草。茎は高さ50cm内外となり,葉は30〜70枚の広線形の小葉からなる羽状複葉。夏〜秋,葉腋に黄色,径6〜7mmの5弁花を1〜2個つけ,後に平らで広線形の果を結ぶ。
→関連項目浜茶

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワラケツメイ
かわらけつめい / 河原決明
[学]Chamaecrista nomame (Sieb.) Ohashi

マメ科の一年草であるが、まれに多年生のものもある。茎は高さ20~60センチメートル。葉は長さ3~7センチメートルの偶数羽状複葉で、小葉は15~35対、葉柄は短く上部に杯(さかずき)状の蜜腺(みつせん)がある。8~10月、葉腋(ようえき)よりやや上方から出た短柄に1、2個の花をつける。花は黄色で径約1センチメートル、萼(がく)は5全裂し萼片は先が鋭くとがる。5枚の花弁はほぼ同形で倒卵形、斜めに開き、雄しべは4、5本であるが、退化雄蕊(ゆうずい)があるものもある。豆果は8~12個の種子を含み、広線形で長さ3~4センチメートル、伏した短毛があり、裂開して種子を飛ばす。本州、四国、九州の河原、道端などに生え、朝鮮半島、中国にも分布する。ねむ茶、まめ茶と称し、全草を干すか、種子を炒(い)って茶の代用とする。これには利尿効果がある。名は、漢方薬の決明(けつめい)(エビスグサ)の類で、河原に多く生えることによる。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カワラケツメイの関連キーワードツマグロキチョウ根粒バクテリアエビスグサカッシア尾張決明弘法茶合歓茶河豇豆センナ岸豆豆茶野豆決明雉豆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カワラケツメイの関連情報