コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンスゲ

百科事典マイペディアの解説

カンスゲ

本州〜九州の山中林内にはえるカヤツリグサ科の常緑多年草。葉は根生し,濃緑色,線形でかたく,幅5〜10mm,縁はざらつく。早春,高さ20〜40cmの花茎を出し,頂に線形で長さ2〜4cm,褐色を帯びた雄性小穂をつける。側小穂は雌性で,基部に鞘(さや)のある包葉があり,短円柱形で密に果実をつける。葉に白斑のあるものもあり観賞用に栽培される。近縁のヒメカンスゲは葉の幅2〜4mm,雄小穂は棒状で短く,果胞に短毛がある。コカンスゲは葉の幅狭く,縁は強くざらつく。ミヤマカンスゲは葉が少し柔らかく,雌小穂は細く,疎に果実をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンスゲ
かんすげ / 寒菅
[学]Carex morrowii Boott

カヤツリグサ科の多年草。山地の林床に生える。高さは20~40センチメートル、葉の幅は1センチメートルほどで堅い。寒中にも葉が青々としているのでカンスゲの名がある。斑(ふ)入りのものは庭に植え、切り草にも使われる。福島県以西の本州、四国、九州に分布する。カンスゲと名のつくものは日本ではほかに数種ある。カンスゲに似て全体が小形のヒメカンスゲC. conica Boottは日本各地の林床に普通に生える。葉の幅は2~4ミリメートル、濃緑色でざらつく。オクノカンスゲC. foliosissima Fr. Schm.はカンスゲに似ているが、葉の断面がW字型に波打つことで区別できる。コカンスゲC. reinii Fr. Schm.は林内に生え、いちばん上の小穂は雄花からなり、残りの小穂の上部は雄花、下部は雌花がつく。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンスゲの言及

【スゲ(菅)】より

…菅笠を編むカサスゲやたまに庭に植えるカンスゲを含むカヤツリグサ科のスゲ属植物の総称で,植物学的にスゲと呼ぶ特定の種はない。 多年草で,地中に長い地下茎を出すものもあるが,細い葉と花茎が密に叢生(そうせい)して株を作る方が多い。…

※「カンスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カンスゲの関連キーワードDEAD OR ALIVE XTREME BEACH VOLLEYBALLDEAD OR ALIVE ParadiseDEAD OR ALIVE XTREME2スゲ(菅)陰生植物寒薄寒芒

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android