コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンフェン カンフェンcamphene

翻訳|camphene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンフェン
camphene

化学式 C10H16 。二重結合を1個もつ二環式モノテルペン。かすかなショウノウ様の香りのある結晶性の塊。融点 52℃。旋光性があり,それぞれの異性体がスギの針葉油,マツ科植物の枝葉油などに含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンフェン
かんふぇん
camphene

天然に存在するモノテルペン系炭化水素であり、精油成分の炭化水素中で常温において結晶する唯一のものである。光学異性体があってd(+)体は樟脳(しょうのう)、レモンなどの精油成分、l(-)体はアビエス油、セイロンシトロネラ油などの成分、ラセミ体は多くの精油中に含まれている。市販品はすべて合成品で20%までのトリサイクレンを含有している。工業的にはα(アルファ)-ピネンを異性化して合成する。合成樟脳、殺虫剤、合成サンダルウッド系香料の製造原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンフェンの関連キーワードワーグナー=メールワイン転位カンフェン(データノート)光色素生合成阻害型除草剤ハッカ油(薄荷油)イソボルネオールローズマリー油ユーカリ油ラベンダーセリ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンフェンの関連情報