コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーノ Cano, Alonso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーノ
Cano, Alonso

[生]1601.3.19. グラナダ
[没]1667.9.3. グラナダ
スペインの画家,彫刻家,建築家。絵をベラスケスとともに F.パチェコに,彫刻を J.モンタニェスに学ぶ。深みのある感情の表現にはやや欠けるが,調和的で優美な女性表現にすぐれた。絵画では聖母子の図像に新生面を開き,彫刻でも『無原罪の御やどり』 (1655~56) に範を残した。建築作品としてはグラナダ大聖堂のファサードなどがある。

カーノ
Cano, Melchior(Melchor)

[生]1509.1.6. タランコン
[没]1560.9.30. トレド
スペインの神学者。ドミニコ会士。サラマンカで教え,トリエント公会議 (1551~52) で活躍。イエズス会に反対してフェリペ2世の反教皇政策を弁護したため,ドミニコ会総長就任はローマの承認を得られなかった。主著"De locis theologicis" (63) 。基礎神学を確立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーノ【Alonso Cano】

1601‐67
スペインの画家,彫刻家,建築家。グラナダで洗礼を受ける。父ミゲルに建築を,パチェーコに絵画を,マルチネス・モンタニェースJuan Martínez Montañéz(1568‐1649)に彫刻を学び,セビリャ,マドリード,グラナダで活躍した。強烈な明暗の対比(テネブリズム)から出発,宮廷でベネチア派の巨匠たちの作品を学んで明るい色彩と優美なフォルムに開眼,17世紀スペイン絵画において,最も古典的で抒情的な画風を打ち立てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーノの言及

【スペイン美術】より

…バロック時代に入るとカスティリャ派のG.フェルナンデスがマニエリスムの表現主義的傾向を継承発展させた。それに対して南部セビリャ派のマルティネス・モンタニェース,グラナダ派のA.カーノやP.deメーナが優雅なレアリスムを展開し,当時の民衆の素朴な信仰心にこたえたのである。
【絵画】
 スペイン絵画の源流を遡及的に確認しうるのはモサラベ美術の写本挿絵までで,それ以前のものは現存しない。…

【バロック美術】より

…リベラおよびスルバランは反宗教改革の内省的精神と真実な信仰の表白者である。彫刻においてもカスティリャのフェルナンデス,セビリャのマルティネス・モンタニェースは,彩色木彫によって情動的な〈哀しみのマリア像〉を作り,ベラスケスの弟子カーノもまた民衆にアピールする甘美でセンチメンタルな宗教像を作った。これらのスペインの彫刻は,民衆の熱烈な信仰のもっとも民俗的な表出である。…

※「カーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーノの関連キーワードバンスカーシュチャブニツァプラグインハイブリッド車セルフドライビングカーナビゲーションシステムジョン・リー・フッカーファイター・ブランドハイブリッドビークルジョージ・キューカーフィリップスビーカー複数所有自動車割引ローリングスタートドライバーレスカーサウンドトラックオートノマスカー新生児搬送用車両ホバークラフトキャンピング車one boxハイブリッド車カチアワル半島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android