コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールツァイス かーるつぁいす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カールツァイス

顕微鏡や一眼レフカメラのレンズ、眼鏡、光学機器などを開発しているドイツの財団企業。日本では、ソニーが自社のデジタルカメラ「Cyber-shot」にレンズを採用したことで有名。外部リンクhttp://www.zeiss.co.jp/

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

カールツァイス

正式社名「カールツァイス株式会社」。英文社名「Carl Zeiss Co., Ltd.」。卸売業。明治44年(1911)創業。昭和36年(1961)設立。本社は東京都新宿区本塩町。光学機器販売会社。独カールツァイス社の日本法人。双眼鏡・ルーペ・カメラレンズ・メガネレンズを販売。ほかに半導体検査装置など。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

カールツァイス【Carl Zeiss】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カールツァイスの関連キーワードレンズスタイルカメラロベルト エンケカール・ツァイスペンタックスホロゴン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カールツァイスの関連情報