カールツァイス(読み)かーるつぁいす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カールツァイス

顕微鏡や一眼レフカメラのレンズ、眼鏡、光学機器などを開発しているドイツの財団企業。日本では、ソニーが自社のデジタルカメラ「Cyber-shot」にレンズを採用したことで有名。外部リンクhttp://www.zeiss.co.jp/

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

カールツァイス

正式社名「カールツァイス株式会社」。英文社名「Carl Zeiss Co., Ltd.」。卸売業。明治44年(1911)創業。昭和36年(1961)設立。本社は東京都新宿区本塩町。光学機器販売会社。独カールツァイス社の日本法人。双眼鏡・ルーペ・カメラレンズ・メガネレンズを販売。ほかに半導体検査装置など。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カールツァイスの関連情報