コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーンプル カーンプル Kānpur

7件 の用語解説(カーンプルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーンプル
カーンプル
Kānpur

インド北部,ウッタルプラデーシュ州中央部の商工業都市カーンプル県の行政庁所在地ラクノー南西約 75km,ガンジス川沿岸に位置。 18世紀までは村落にすぎなかったが,イギリス東インド会社がここを前進基地として重視してから人口が集中。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カーンプル
カーンプル
Khānpur

パキスタン北東部,パンジャブ州の町。バハワルプールの南西約 130kmに位置する。国鉄バハワルプール-ハイデラバード線の主要駅の一つで,インダス河畔チャチャランまでの支線の分岐点。米,コムギ,綿花などの集散地として発達,綿紡,織機工業などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーンプル(Kanpur)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。旧称カウンポールガンジス川西岸に位置する。同州最大の商工業都市で、交通の要衝。織物・機械などの工業が盛ん。人口、行政区255万、都市圏272万(2001)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーンプル

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州中部,ガンガー右岸の都市。交通の要地,州内工業の中心。繊維(羊毛,綿),機械,鋳鉄,皮革,化学などの各種工業が行われており,工業団地や工業大学(1960年創立)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーンプル【Kānpur】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州中央部の大工業都市。旧名カウンポールCawnpore。同名県の県都で,州都ラクナウの南西80km,ガンガー(ガンジス)川の右岸,鉄道・道路の重要な結節点に位置する。人口187万4000(1991)。1801年にアウド藩王国の太守によりイギリスインド会社に割譲され,北西インドへのイギリス勢力進出の前線基地となった。セポイの反乱(1857)の際には,ナーナー・サーヒブ軍がイギリス人皆殺しにした町として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カーンプル【Kanpur】

インド北部、ガンジス川中流南岸の都市。綿工業などが発達。1857年インド大反乱(セポイの反乱)で在住イギリス人の大半が虐殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーンプル
かーんぷる
Kanpur

インド北部、ウッタル・プラデシュ州最大の都市。ヒンドスタン平野の中央部に位置し、ガンジス川に沿う工業都市、交通中心地である。人口253万2138(2001)。19世紀以降、物資の集散や近代工業の集積によって発達した。19世紀後半、周辺の綿作地域を控え綿紡織工業がまずおこり、皮革、毛織物工業が続いた。第一次世界大戦後インドの軍工廠(こうしょう)が置かれた。これによって金属・機械工業が発達し、さらに油脂工業を加えて、総合型内陸工業都市となった。市街地はガンジス川の右岸に沿って細長く延び、市街の南側に広い工廠と兵営基地が広がる。新市街が西側に拡大されてきたが、カーンプル駅から中心市街地にかけては商店や住宅が過度に密集し、住民は工場労働者が多い。[村上 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーンプルの関連キーワードアラーハーバードカナウジウッタルプラデシュウッタラカンドラクノウウッタル・プラデーシュ[州]デーラー・ドゥーンバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーンプルの関連情報