コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスマン Gassmann, Vittorio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスマン
Gassmann, Vittorio

[生]1922.9.1. ジェノバ
[没]2000.6.29. ローマ
イタリアの俳優。 1943年国立演劇アカデミー卒業。『乞食オペラ』で成功を収め,古典から A.ミラーの『みんなわが子』や T.ウィリアムズの『欲望という名の電車』にいたる広い芸域で活躍。 1950年イタリア人民劇場を結成。フィレンツェボボリ庭園における『トロイラスとクレシダ』,アルフィエリの『オレステ』の上演は高く評価された。シェークスピアなどのレパートリーのほか,ギリシア古典悲劇の復活上演にも力を入れた。また,映画でも活躍し,48年の『にがい米』以降『マンボ』 (53) ,『戦争と平和』 (56) ,『追い越し野郎』 (63) などに出演,75年の『女の香り』ではカンヌ映画祭主演男優賞を受賞。以後も幅広い役柄をこなし,国際的に活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスマン
がすまん
Vittorio Gassman
(1922―2000)

イタリアの俳優、演出家。ジェノバに生まれる。1943年に国立演劇アカデミーを卒業、同年秋にデビューして以来、古典悲劇から現代の喜劇にわたる内外の幅広いレパートリーに優れた資質を示した。T・ウィリアムズの『欲望という名の電車』やアルフィエーリの『オレステ』などの主演で名声を博し、52年以降は劇団を主宰、セネカの『テュエステス』や『ハムレット』の主演、56年のオセロとイアーゴの交互出演などで高い評価を得た。60年にはイタリア民衆劇場を結成し、国内のほかロンドンでも興行を行った。映画俳優としても国際的な声価をあげた。[赤沢 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガスマンの関連キーワードF. フォン・ヴェルスバッハF.von ウェルスバハシェリー ウィンターストランスポーター2硝酸カルシウムウィーン楽派酸化トリウムモーツァルトウェルスバハ白熱ガス灯サリエリマントル9月1日赤沢

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガスマンの関連情報