コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス壊疽 ガスえそ gas gangrene

翻訳|gas gangrene

7件 の用語解説(ガス壊疽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス壊疽
ガスえそ
gas gangrene

ウエルシュ菌などの嫌気性桿菌が密閉創や血行障害のある創に侵入して起る感染症。菌は土の中,ときにヒトや動物の糞便中に存在する。感染すると急速に皮膚,筋肉に壊疽を起し,局所に悪臭のあるガスを発生して,全身状態を強く侵す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ガス壊疽

細菌が傷口などから体内に入って感染、筋肉など体の一部の組織が壊死する感染症。壊死した組織で毒素が作られガスを発生させながら全身に影響が広がる。進行が急速で、切開でうみを出して壊死部分を切除するなど早期治療ができないと死に至る確率が高い。災害や戦争での外傷で起きる例が多い。

(2008-05-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガス‐えそ〔‐ヱソ〕【ガス×疽】

傷口にウェルシュ菌などのガス壊疽菌が感染し、壊死に陥り、その部分が腐敗してガスを発生する状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガス壊疽【ガスえそ】

主としてガス壊疽菌(土中に存在する嫌気(けんき)性の芽胞形成杆(かん)菌の一群)が不潔な傷口から感染して起こる伝染病。戦場に多い。発熱と皮膚・筋肉の壊疽をきたす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガスえそ【ガス壊疽 gas gangrene】

クロストリジウム属clostridiumに属する嫌気性菌が傷口から侵入して起こる,広範な筋肉の感染症。原因菌は,ウェルシュ菌C.welchii,ノビ菌C.novyi,セプチクス菌C.septicumなど6種類あり,数種類の混合感染によるものが多い。いずれもグラム陽性の杆菌で,胞子をもち,毒素を産生する。土壌中に広く分布するので,泥のついた小さな傷に起こりやすく,汚染が激しい戦場で多発しやすい。受傷後24~72時間以内に傷口の痛みとはれが起こり,筋肉は壊疽を起こし,茶色の半ば濁った悪臭の強い滲出液が出,組織は高度に障害される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガスえそ【ガス壊疽】

不潔な傷口にガス壊疽菌が入って起こる炎症。局所の筋肉が急激に破壊されてガスが発生し、悪臭を放つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス壊疽
がすえそ

ガス壊疽菌の感染によっておこる創傷感染症の一つ。ガス壊疽菌というのは嫌気性グラム陽性桿菌(かんきん)群の総称で、クロストリジウム属がもっとも多く、なかでも主役はウェルシュ菌である。ガス壊疽は、これらの混合感染による症候群である。土壌で汚染された開放性損傷によって発症しやすく、感染後6~7時間で感染創の周囲が蜂巣織炎(ほうそうしきえん)状に赤く腫(は)れ、筋肉の壊死(えし)を招いてガス発生を伴うため、病気の進行とともに膨れ上がり、全身状態が著しく悪化する。第一次世界大戦中の戦傷者に多発し、多数の死者を出して注目された。平和時にはまれである。かつては四肢の高位切断が行われたが、近年は化学療法や高圧酸素療法の効果が認められている。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガス壊疽の言及

【壊疽】より

…起炎菌としては嫌気性菌のクロストリジウムが最も多い。糖分を融解してガスを発生する場合には,ガス壊疽ということがある。腸管の壊死は,放置すれば必ず壊疽に陥る。…

【蜂巣炎】より

…治療は,局所の安静,冷却,全身的な抗生物質の投与を行い,膿瘍があれば切開排膿する。嫌気性菌による蜂巣炎では,組織の腐敗とガスの産生がみられ,ガス壊疽(えそ)と呼ばれる。【小野 美貴子】。…

※「ガス壊疽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガス壊疽の関連キーワードクロストリジウムコラゲナーゼエリジウム白金イリジウム酪酸菌アセトン-ブタノール発酵クロストリジウム属クロロイリジウム酸塩耐性クロストジウムヘキサクロロイリジウム(III)酸塩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガス壊疽の関連情報