コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガマグチヨタカ ガマグチヨタカ Podargidae; frogmouths

3件 の用語解説(ガマグチヨタカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガマグチヨタカ
ガマグチヨタカ
Podargidae; frogmouths

ヨタカ目ガマグチヨタカ科の鳥の総称。16種からなり,全長 23~53cm。灰褐色や赤褐色の地に白色や黒褐色の細かい斑模様がある。は非常に幅広く,扁平な三角形で,先端がかぎ状。森林にすみ,夜行性である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガマグチヨタカ【frogmouth】

ヨタカ目ガマグチヨタカ科Podargidaeに属する鳥の総称(イラスト)。この科には2属12種のヨタカに似た,かなり大型の鳥が含まれる。全長21~54cm。口は非常に大きく,口ひげはよく発達し,足は短く弱い。羽色は褐色ないし灰色で,不規則な濃淡の模様がある。インドからニューギニアオーストラリアにかけて分布する。通常つがいで森林中にすみ,夜行性である。昼間は枝の上にとまって休息している。体をのばし,くちばしを斜め上にあげてじっとしていると,周囲の枝にまぎれて非常に見つけにくく,カムフラージュの好例の一つとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガマグチヨタカ
がまぐちよたか / 蝦蟇口夜鷹

鳥綱ヨタカ目ガマグチヨタカ科に属する鳥の総称。同科Podargidaeには全部で12種いる。インド南部、スリランカ、タイ、マレーシアフィリピン、ニューギニア、オーストラリアなどに分布する。全長20~50センチメートル、嘴(くちばし)は扁平(へんぺい)で先が鉤(かぎ)形をしており、付け根には剛毛が生えている。口が非常に大きいので、その名がついた。多くの種で、雌雄、年齢に関係のない赤褐色タイプと灰褐色タイプの2型がみられる。夜行性で、切り株や低い枝から地上にぱっと飛び降りて、昆虫やムカデやカエルなどをとって食べる。普通、森林内に雌雄2羽のつがいで暮らしている。巣は樹上の水平な枝のまたの部分につくり、皿形である。白い卵を1、2個産み、雌雄が交代で抱卵する。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガマグチヨタカの関連キーワードアブラヨタカよたよたヨタ九鬼精隆吉田豊隆ズクヨタカ(木菟夜鷹)タチヨタカ(立夜鷹)ヨタカ(夜鷹)トヨタカローラ愛知トヨタカローラ奈良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガマグチヨタカの関連情報