コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラスレーザー ガラスレーザー glass laser

3件 の用語解説(ガラスレーザーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラスレーザー
ガラスレーザー
glass laser

ケイ酸ガラスを主体としたガラスに不純物として Nd3+ などを加えた固体レーザーで,波長 1.06μm の光パルスを発振する。出力 1012W にも達し,レーザーのなかで最高の出力をもつ。レーザー核融合への応用が考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐レーザー(glass laser)

誘導放出を起こす媒体として結晶ではなくガラスを用いる固体レーザーの一種。ネオジムなどの不純物をバリウムクラウンガラスやリン酸ガラスに加えたものが使われる。高出力のレーザーに適するため、レーザー核融合炉の研究に利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラスレーザー
がらすれーざー
laser glass

固体レーザーの一種で、光の増幅を担当する活性中心となる活性イオンと、それを均一に溶かし込む無色の母体ガラスからできている。活性イオンとしてネオジムを含むものは近赤外線を放出する。大型のものが容易にできるので、核融合に必要な超高温、超高圧発生の引き金に高出力ガラスレーザーが有望視されている。一方、成形が容易なことから小型の医療用のものもつくられている。ガラスに対する酸化ネオジムの濃度が3~4%で効率は最大となり、また母体ガラスとしては大出力発生時に損傷を受けにくい低屈折率のものが適している。この他に、エルビウムプラセオジムイッテルビウムなどのさまざまな希土類イオンを含むグラスファイバーが開発され、光通信の分野において、また各種の加工用レーザーとして使われている。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガラスレーザーの言及

【レーザー】より

… 媒質として固体を用いる固体レーザーの代表的なものは,Al2O3の中に不純物として含まれるクロムイオンCr3+が発振する(694.3nm)ルビーレーザーや,YAG(yittrium aluminum garnetの略。Y3Al5O12)結晶やガラスの中に含まれたネオジウムイオンNd3+が発振する(1.06μm)YAGレーザー(ヤグレーザーともいう)またはガラスレーザーなどである。 半導体レーザーは小型であること,発振させるための励起装置が簡単であること,製造原価が安価であることなどの理由で,これからの広い応用が期待されている。…

※「ガラスレーザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガラスレーザーの関連キーワードソーダガラス硬質ガラス腰ガラスシリカガラスカリガラスアルミノ珪酸塩ガラスアルミノ珪酸ガラス理化学用ガラスガラス化アルミノケイ酸ガラス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone