コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス電極(読み)ガラスでんきょく(英語表記)glass electrode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス電極
ガラスでんきょく
glass electrode

pHの測定用として最も広く用いられる電極。膜電極の1種。ガラス薄膜 (厚さ 0.025mm程度) で2種の溶液をへだてると,薄膜の両面に両溶液の pHの差に比例して変化する電位差を生じる。一方の溶液に pH既知の基準溶液を用い,高入力抵抗をもった電位差計起電力を測定すれば,他方の被検体溶液の pHがわかる。感度の高いものは 0.001pHの単位まで測定できる。近年は K+ ,Ag+ など水素イオン以外のイオンの測定にも応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ガラス電極

 ガラス膜を利用してその両側のpHの差を電位差として測定しpHを測定するための電極.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガラスでんきょく【ガラス電極 glass electrode】

膜電極(膜電位)の一種で,おもにpHの電気化学的測定に用いられる。水素イオン濃度がそれぞれcAおよびcBの2種の溶液AおよびBを,うすいガラス膜をへだてて接触させると,両溶液間に電位差Eが生ずる。この電位差とcAおよびcBとの間には Eablog(cA/cB)(a,bは温度,圧力,電極の種類などできまる定数)の関係が成立する。したがって,もしcAが既知であれば,Eの測定値からcBを知ることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガラスでんきょく【ガラス電極】

ガラス薄膜を使った電極で、水素イオン濃度測定などに用いられる。水素イオン濃度の異なる二つの溶液がガラス薄膜を挟んで接しているとき、膜の両側に、両溶液の水素イオン濃度差に応じた電位差が生じることを利用したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android