コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルシン Garshin, Vsevolod Mikhailovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルシン
Garshin, Vsevolod Mikhailovich

[生]1855.2.14. エカチェリノスラフ
[没]1888.4.5. ペテルブルグ
ロシアの小説家。騎兵将校を父とする小貴族の家に生れ,中学校卒業直前 (17歳) に最初の精神病の発作があり入院した。 1876年,ペテルブルグ鉱業専門学校を中退してロシア=トルコ戦争に従軍。その体験を素材として反戦的な短編『4日間』 Chetyre dnya (1877) を発表し一躍文壇に認められた。以後作家活動に入るが再三精神病の発作に襲われ,その心理的体験をもとにして代表作『赤い花』を執筆。鋭敏な感受性は社会悪と人々の不幸に耐えきれず,33歳で4階から飛降りて自殺した。ほかに『事件』 Proisshestvie (78) ,『臆病者』 Trus (79) ,『画家』 Khudozhniki (79) ,『出会い』 Vstrecha (79) ,『夜』 Noch' (80) ,『アタレア・プリンケプス』 Attalea princeps (80) ,『従卒と士官』 Denshchik i ofitser (80) ,『ナジェージダ・ニコラーエブナ』 Nadezhda Nikolaevna (85) ,『信号』 Signal (87) ,『蛙の旅行家』 Lyagushka-puteshestvennitsa (87) などの佳作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガルシン(Vsevolod Mikhaylovich Garshin)

[1855~1888]ロシア小説家。社会悪や不正に対し、理想主義的態度を貫いた。持病精神病終生悩まされながら執筆、のち自殺。作「四日間」「赤い花」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガルシン

ロシアの作家。1870年―1880年代のペシミズムの雰囲気の中で活躍し,戦場体験をもとにした《四日間》(1877年),狂気幻想象徴にまで高めた《赤い花》(1883年)などの短編小説を書く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガルシン【Vsevolod Mikhailovich Garshin】

1855‐88
ロシアの小説家。古い地主貴族の血筋をひく。鉱山専門学校に在学中に露土戦争が勃発,志願して義勇兵となった。人々が戦争で苦しんでいるとするなら,その苦しみを分かちあうのが義務であるという確信からであった。ブルガリア戦線で負傷し,後方に移送され,その時に見聞きした体験をもとに《四日間》(1877)を執筆,センセーションをまき起こして,以後作家として専心。人と人との関係を支配している悪と不正に病的なほどに鋭い倫理観を示し,その責任を一身に背負わんばかりの痛みと同情を表現した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガルシン【Vsevolod Mikhailovich Garshin】

1855~1888) ロシアの小説家。瀕死の負傷兵の意識の流れを追う「四日間」、心を病んだ者と悪のシンボルとみる花との戦いを象徴的に描く「赤い花」で知られる。精神病の発作で自殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルシン
がるしん
Всеволод Михайлович Гаршин Vsevolod Mihaylovich Garshin
(1855―1888)

ロシアの小説家。2月14日、エカチェリノスラフ(現ドニエプロペトロフスク)に生まれる。父は騎兵将校。早くから文学書を乱読。鉱業専門学校に在学中、1876年ロシア・トルコ戦争が起こると、一兵卒として志願、負傷し後送される。そのときの戦友の体験談を『四日間』と題し、処女作として77年発表、初めて文名を知られる。ハリコフで療養後、ペテルブルグで創作に専念、『戦場風景』(1877)、『臆病(おくびょう)者』(1879)、『アタレア・プリンケプス』(1880)、『従卒と士官』(1880)などはその時期のもので、自己犠牲を要求してやまない意欲に貫かれ、理想主義的、殉教的な衝動に満ちあふれている。80年末からは、少年期に始まった狂疾の発作が再発するようになり、ハリコフの精神科病院に収容された。名作『赤い花』(1883)はこのときの入院中の自己の体験に独自の「悪の華」をテーマに織り込んだもの。ほかに『夢語り』(1882)、『兵卒イワーノフの回想』(1883)、『熊(くま)』(1883)、『信号』(1887)の作品があり、『がま蛙(がえる)とばらの花』(1884)、『蛙の旅行家』(1887)などの童話が残っている。88年4月、カフカスへの療養に出発の日、何を思ったのか突如4階のアパートから飛び降り、5日後に33歳の若さで死んだ。短編ばかりで作品の数も多くはないが、無垢(むく)の魂をもった「良心の作家」として特異な存在であった。[中村 融]
『中村融訳『ガルシン全集』全1巻(1973・青娥書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガルシンの言及

【児童文学】より

…ユダヤ人のカニグズバーグE.L.Konigsburg,I.B.シンガー,黒人のハミルトンH.Hamiltonがすぐれ,ほかにフォックスP.Fox,ボイチェホフスカM.Wojciechowskaらが問題作を書いている。
[旧ソ連邦]
 かつてロシアでは,A.S.プーシキンが民話に取材して《金のニワトリ》(1834)などを書き,エルショフP.P.Ershovが《せむしの小馬》(1834)を作り,I.A.クルイロフはイソップ風の寓話を,V.M.ガルシンは童話的な寓話を書いたが,いずれも権力に刃向かう声であった。F.K.ソログープは暗い影の多い不思議な小説を作り,L.N.トルストイはおおらかな民話と小品を発表した。…

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。ここでは,分裂病は人間存在に異質な病態としてではなく,人間から人間へ,現存在から現存在への自由な交わりをとおして現れる特有な世界内のあり方として記述される。…

※「ガルシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガルシンの関連キーワードアレキサンドル エルテリガル(噶爾)県ロシア文学谷崎 精二域外小説集翻訳文学神西 清エルテリシンボル神西清中村融発作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android