コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガレット Garrett, João Baptista da Silva Laitão de Almeida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガレット
Garrett, João Baptista da Silva Laitão de Almeida

[生]1799.2.4. ポルト
[没]1854.12.9. リスボン
ポルトガルの小説家,詩人,劇作家,政治家。同国におけるロマン主義文学の創始者の一人。文学のあらゆる分野で才能を発揮,独創性に富む文体で,新しい世代の人々に最も多く読まれ,また愛されてもいる。政治家としてもすぐれ,その演説のいくつかは有名。主著,叙事詩『カモンイス』 Camões (1825) ,『ドナ・ブランカ』 Dona Branca (26) ,散文『わが郷土の旅』 Viagens na Minha Terra (46) ,戯曲『あるジル・ビセンテの劇』 Um Auto de Gil Vicente (38) ,『修道士ルイース・デ・ソーザ』 Frei Luís de Sousa (43) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガレット(〈フランス〉galette)

パイ生地で甘味をおさえて焼いた丸い菓子。→ガレットデロワ
そば粉やとうもろこし粉で作ったクレープ。ハムやチーズ、卵などを添えて食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ガレット【galette(フランス)】

フランスの丸く焼いた菓子や料理。菓子ではビスケットのような小型のものも、切り分けて食べるパイのような大きなものもさす。料理では特に、ブルターニュ地方郷土料理の、小麦粉ではなくそば粉を使用した甘くないクレープをさすことが多い。なかにチーズ・ハム・卵などを包んで食べる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ガレット【galette】

フランスで、平たい円形の焼き菓子の総称。
アメリカやカナダなどで、平たい円形の発酵した生地を用いない即席パンやパンケーキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガレット
がれっと
Almeida Garrett
(1799―1854)

ポルトガルの小説家、劇作家、詩人。立憲自由主義的立場からイギリスに二度亡命し、パリで物語詩『カモンイス』(1825)を出版。ポルトガルに初めてロマン主義を導入。近代国民劇の名作『修道士ルイース・ソーザ』(1844)のほか、小説『サンターナ門』、紀行文学『わが郷土の旅』、詩集『落葉』など。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガレットの関連キーワードダンシング・ゼネレーションいつもポケットにショパンスマッシユをきめろ!ガレット・ブルトンヌI LOVE HERいろはにこんぺいとリーパー ディーンガレット・デ・ロワレモンとサクランボわたしは夢みる少女SWAN ―白鳥―以心伝心のお月さん愛があればいーのだ愛のアランフェスKISSxxxxアンコールが3回天然バナナ工場猫と私の金曜日天まであがれ!おしゃべり階段

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガレットの関連情報