コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガレ ガレ Gallé, Emile

9件 の用語解説(ガレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガレ
ガレ
Gallé, Emile

[生]1846.5.8. ナンシー
[没]1904.9.23. ナンシー
フランスの工芸家。アール・ヌーボーの代表的作家。父は製陶工房主。古典学,植物学,ガラス工芸を学んだのち父の工房に入る。 1860年代にガラス工芸を始め,その完成された技巧による非幾何学的な左右非対称自然主義的形態と,昆虫や植物の華麗な装飾文様をもつガラス器は日本美術の影響をみせており,当時大流行となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ガレ
ガレ
Galle, Johann Gottfried

[生]1812.6.9. パブストハウス
[没]1910.7.10. ポツダム
ドイツ天文学者。 1835年からベルリン大学天文台で,台長 J.エンケの助手をつとめたのち,51年よりブレスラウ天文台台長。ベルリン大学天文台時代の 46年,U.ルベリエの理論的予測に従って海王星を発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガレ(Émile Gallé)

[1846~1904]フランスのガラス工芸家・家具デザイナー。1878年のパリ万国博覧会で、月光色と呼ばれる淡い青色のガラスを出品し、高い評価を得る。昆虫や植物をモチーフにした幻想的な作品が多く、アールヌーボーを代表する一人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガレ

フランスの装飾芸術家。とくにアール・ヌーボーのガラス器・家具製作の第一人者。ナンシーに生まれ,ワイマールで絵画や博物学を学ぶ。また,ナンシーに留学していた画家高島得三を通じて日本美術の影響を受けた。

ガレ

ドイツの天文学者。1846年ベルリン天文台でルベリエの計算指示により海王星を発見。1851年ブレスラウ天文台長。地球に近づく小惑星の観測による太陽視差の決定に従事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガレ【Émile Gallé】

1846‐1904
フランスの装飾芸術家。とくにアール・ヌーボーのガラス器・家具製作の代表者の一人。ロレーヌ地方の古都ナンシーに生まれ,1862年から66年までワイマールで絵画,彫刻,植物学,博物学などを学び,また音楽家リストを知る。70年,フランスに帰り,陶器,ガラス器を専門とした父シャルルの工場で製作。71年,イギリスに渡り,サウスケンジントン美術館等で古代,中世,東洋のガラスを研究,またW.モリスの手工芸運動の刺激を受けた。

ガレ【Johann Gottfried Galle】

1812‐1910
ドイツの天文学者。1833年にベルリン大学を卒業して35年にベルリン天文台の助手となり,台長J.F.エンケのもとに口径23cmの望遠鏡で16年間観測に従事した。この間,38年には土星のC環を発見,また39年12月~40年3月の間に続けて3個のすい星を発見したが,何といっても最大の業績は46年9月23日の海王星の発見である。この発見は,フランスの天文学者U.J.J.ルベリエが新惑星の予想位置をガレに書き送って観測を依頼したことによるもので,しかも新惑星は予想位置からわずか1度離れて発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガレ【Galle】

〔Emile G.〕 (1846~1904) フランスの装飾芸術家。ナンシーに生まれる。パリ万国博で成功を収め、アール-ヌーボーのガラス器・家具製作の第一人者となり、工芸におけるナンシー派の成立をもたらした。
〔Johann Gottfried G.〕 (1812~1910) ドイツの天文学者。1838年に土星の C 環を発見。1846年、ルベリエによる推算位置のすぐ近くに海王星を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガレ
がれ
mile Gall
(1846―1904)

フランスのアール・ヌーボー様式を代表するガラス工芸家、高級家具作家。ナンシーに生まれる。ワイマールで哲学や鉱物学などを学んだのち、マイゼンタールのガラス工場でガラス製作を修業し、父の仕事を継いだ。1878年のパリ万国博覧会には酸化コバルトを混入させて得た「月光色」のガラス器などを出品し、世人の注目を集めた。その後も被(かぶ)せガラスなど技術上の革新が相次ぎ、幻想的な表現によってアール・ヌーボー時代の趣味を盛り上げた。植物や昆虫のモチーフが多く、その流動感や色調に洗練度の高いものがある。86年には家具工房も設立され、89年と1900年のパリ万国博でも大成功を収めた。01年には工芸におけるナンシー派を設立し、アール・ヌーボーの一拠点を打ち立てた。[高見堅志郎]
『ガレ著、由水常雄他編訳『ガレの芸術ノート』(1980・瑠璃書方)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガレの言及

【ガラス工芸】より

…ガラス工芸用に使用されるガラスの種類は主としてソーダ・ガラス(ソーダ石灰ガラス),カリ・ガラス(カリ石灰ガラス),鉛ガラス(鉛アルカリ・ガラス)で,一部にホウケイ酸ガラスや特殊ガラスも使われる。ガラス工芸の対象とするジャンルは,実用目的をもつ容器や建築用材,室内装飾品のほか,実用機能をもたない芸術作品にいたるまで幅が広い。
【成形と加飾】
 ガラス工芸に使われる道具類は,吹きガラス技法が始まったローマ時代以来,基本的にはあまり変化していない。…

【ナンシー派】より

…19世紀末から20世紀初頭にかけて欧米で展開したアール・ヌーボーの一流派。フランス東部の町ナンシーを中心に活動し,日本美術に強い影響を受けた草花鳥虫,とりわけ植物文様をモティーフに使った自然主義的な表現に特色があった。植物主義とも呼ばれるアール・ヌーボー運動の中心的な活動母体でもあった。ナンシー派の始まりは,ナンシーの工芸家É.ガレが,1878年のパリ万国博覧会に出品したガラス器や陶器が多くの賞を受賞して注目されたときに端を発しているが,本格的な展開は,89年パリ万国博覧会での大々的なガレおよびその一門の展示品と,グランプリをはじめとする数々の大賞受賞をもって始まった。…

【海王星】より

…軌道半長径=30.1104天文単位離心率=0.0090 軌道傾斜=1゜.770太陽からの距離 最小=44.64×108km 平均=45.04×108km 最大=45.44×108km公転周期=164.82年 平均軌道速度=5.44km/s会合周期=367.5日 赤道半径=2万4764km体積=58(地球=1) 質量=17.15(地球=1)平均密度=1.58g/cm3自転周期=0.664日 赤道傾斜角=27゜.8アルベド=0.41 極大光度=+7.8等赤道重力=1.11(地球=1) 脱出速度=23.49km/s太陽系の第8惑星。1846年,ベルリン天文台のJ.G.ガレによって発見されたが,その発見は天体力学の正確さと有効性を実証したものとして有名である。1781年,F.W.ハーシェルによって天王星が発見されると,おりからP.S.ラプラスが展開した天体力学の理論による計算と位置観測の結果が詳しく照合された。…

※「ガレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガレの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガレの関連情報