コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガングリオン ganglion

翻訳|ganglion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガングリオン
ganglion

関節嚢や腱鞘から生じた嚢腫状の腫瘤で,内容は粘稠なゼリー状の液である。若い女性の手背部母指側に好発する。ある大きさになるとそれ以上大きくならないのが普通で,機能障害は起さないし,圧痛もない。内容物質を吸引したり,皮膚の上から叩打して腫瘤をつぶす圧迫法などは簡単な治療法であるが,再発しやすい。摘出手術を行うのが最も確実である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガングリオン(ganglion)

《塊(かたまり)の意》
手首・足首・膝(ひざ)などの関節を包む膜や腱鞘(けんしょう)に、粘液物質がたまってできる袋状のこぶ。良性腫瘍(しゅよう)で悪性化することはない。結節腫。
神経節(しんけいせつ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガングリオン

結節腫とも。皮下,とくに関節や腱鞘(けんしょう)上に指先大の膨隆(ぼうりゅう)が生じるもの。膨隆の内容物は滑膜(かつまく)組織の粘稠(ねんちゅう)性多糖質で,ゼリー状。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家庭医学館の解説

がんぐりおん【ガングリオン Ganglion】

[どんな病気か]
 手関節、足関節の周辺によくできる腫瘍(しゅよう)で、関節や腱(けん)の表面にくっついています。大きくなると皮膚を下から押し上げて、皮膚表面がドーム状に隆起してみえますが、皮膚にはついていません。腫瘍はゼリー状の液を内部に入れた袋のような形で、袋の細胞が液をつくり出すため、徐々にその大きさが増します。
[診断]
 局所麻酔をし、針で腫瘍を刺して、内部からゼリー状の液が出てきたら診断がつきます。
[治療]
 局所麻酔をし、針で腫瘍に孔(あな)を開け、内容物を排出します。何度も腫瘍が再発する場合は、腫瘍本体を完全に摘出してしまいます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガングリオン【ganglion】

関節や腱鞘の近くに発生し,繊維性の包内に粘稠な液を満たした腫瘤。真性の腫瘍ではなく,良性の腫瘍様の疾患である。原因は明らかでないが,結合組織の変性があるところに外傷などの誘因が加わることにより,中胚葉細胞のムコ多糖の分泌能がたかまって発生するものと考えられる。手関節の背側に最も多く発生し,そのほか手関節屈側(腹側)の橈側(母指側),指の掌側の基部など手部に多くみられる。 症状は腫瘤の小さなうちはないが,大きくなると,外から腫瘤に触れることができ,また手背のものは膨隆を外から見ることができるようになり,圧痛や運動痛を生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガングリオン【ganglion】

関節包や腱鞘けんしように粘液がたまってできる囊腫のうしゆ。外から見ると骨が隆起したように見える。結節腫。
神経節。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガングリオン
がんぐりおん
ganglion

結節腫(しゅ)ともいう。腱鞘(けんしょう)、腱、関節嚢(のう)に関連した結合組織が膠(にかわ)状の変性をおこすことにより発生するものとされる指頭大の平滑な球状の嚢腫である。手首の関節背部に好発するが、まれには手首の掌(しょう)側、肘(ちゅう)(ひじ)関節、膝(しつ)(ひざ)関節、足首などにも発生する。普通単発であるが、ときに多発する。若年者に多くみられ、男性よりも女性に多い。診断は、嚢腫を穿刺(せんし)するとゼリー状の透明な物質を得るので容易である。治療は、摘出手術がもっとも確実であるが、しばしば嚢腫が関節嚢に続き、関節腔(くう)を開くようになることから、手術は絶対に無菌的に行わなければならない。[池田重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガングリオンの言及

【神経節】より

…末梢神経系における神経細胞体の集合をいう。これに対し,中枢神経系(脳と脊髄)内における神経細胞体の集合を(神経)核nucleus(細胞の〈核〉と文字は同じであるが概念はまったく違う点に注意)という。しかし,中枢神経内の神経細胞体の集合に対しても慣用的に〈節〉が用いられている場合がある(たとえば基底神経節basal ganglia)。本来の意味での神経節,すなわち末梢神経系における神経細胞体の集合には,集合している神経細胞の性質の違いによって,感覚神経節sensory ganglionと自律神経節autonomic ganglionが区別される。…

【脳】より

…〈核nucleus〉という語は,日本語,英語ともに細胞の場合の核と同じであるが,その内容,意味はまったく異なる点には注意を要する。また,末梢神経系においてはニューロンの細胞体の集合を神経節ganglionと呼び,これには感覚神経節と自律神経節がある。 神経核のなかでも,運動核(運動ニューロンの細胞体の集合),自律神経起始核(自律神経起始ニューロンの細胞体の集合),感覚核(感覚神経節ニューロンがシナプス連絡する中枢神経系ニューロンの細胞体の集合)などは,その性質が比較的単純である。…

※「ガングリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガングリオンの関連キーワードパラガングリオンガングリオシド褐色細胞腫軟部腫瘍傍神経節関節包結節腫神経節糖脂質皮疹粘液

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガングリオンの関連情報