コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンサー Gunther, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンサー
Gunther, John

[生]1901.8.30. シカゴ
[没]1970.5.29. ニューヨーク
アメリカのジャーナリスト。 1922年から『シカゴ・デーリー・ニューズ』の特派員ヨーロッパ各地でつとめ,36年『ヨーロッパの内幕』 Inside Europe Todayを発表してルポルタージュ新局面を開いて,世界的名声を獲得した。その後6冊の「内幕」ものを書き,さらに自伝風な『ガンサーの内幕』も書いている。病と闘いながら死ぬ息子を描いた 49年の『死よ驕るなかれ』も名作として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガンサー

米国のジャーナリスト。世界政治に関する一連の内幕物で著名。シカゴ生れ。シカゴ大卒業後《シカゴ・デーリー・ニューズ》特派員として世界各地を回り,NBCネットワークの解説者にもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンサー【John Gunther】

1901‐70
アメリカのジャーナリスト。シカゴ生れ。シカゴ大学卒業後,《シカゴ・デーリー・ニューズ》の海外特派員。1936年広範な取材と,膨大な文献調査とを混合した《ヨーロッパの内幕Inside Europe》を書き,ルポルタージュに新局面を開き,世界的に著名なライターとなる。以降《アジアの内幕》(1939),《アメリカの内幕》(1947),《アフリカの内幕》(1955)など多くの〈内幕もの〉を書くが,39‐42年にはNBCネットワークのコメンテーターでもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガンサー【John Gunther】

1901~1970) アメリカのジャーナリスト。シカゴ生まれ。広範な直接取材と文献調査により、一連の内幕ものを執筆。ルポルタージュに新局面を開く。著「ヨーロッパの内幕」「死よ驕おごるなかれ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンサー
がんさー
John Gunther
(1901―1970)

アメリカのジャーナリストで、内幕もの多数を著した。シカゴに生まれ、シカゴ大学を卒業。『シカゴ・デーリー・ニュース』の記者としてヨーロッパに駐在、1937年からはインド、中国、日本を旅行、1940年から中南米を旅し、第二次世界大戦中はヨーロッパ戦線を報道した。この間『ヨーロッパの内幕』(1936)、『アジアの内幕』(1939)、『ラテンアメリカの内幕』(1941)、続いて『ソビエトの内幕』(1958)、『現代ヨーロッパの内幕』(1961)を書いて有名となり、その多くは邦訳された。また1951年には『マッカーサーの謎(なぞ)』も書いたが、いずれも内容は大部分が直接取材によるもので、他にみられない情報が数多く盛り込まれている。このほか、息子の死をテーマにした『死よ驕(おご)るなかれ』(1949)、『回想のルーズベルト』(1950)などがあり、1962年には『ガンサーの内幕』と題する書で、取材と執筆の過程を明らかにした。[伊藤慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガンサーの関連キーワードルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)モンゴメリー(Wes Montgomery)アンソニー・ロバート オルテガウエブスター ルイスクーラ・カンリ[山]リッキー フォードエベレスト山8月30日土屋哲

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android