コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界政治 せかいせいじworld politics

世界大百科事典 第2版の解説

せかいせいじ【世界政治 world politics】

国際政治international politicsという概念は,まず主権国家を基本単位として措定し,そうした国家間の政治に着目する視座を示す。これと区別された世界政治という概念は,まず世界という社会を基本単位として措定し,世界社会のさまざまなレベルでの政治やその全体的関連に着目する視座を示す。経済・情報等が世界化する半面,環境・資源の地球的限界が顕在化した現代で,世界は単一のシステムだという現実と意識が形成されつつあることの反映である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の世界政治の言及

【国際政治】より

…しかし,1945年以降の核兵器の開発,また70年代以降の環境・資源問題の顕在化などを背景に,個別国家から出発するのでなく,世界・地球全体の視点から出発するアプローチの必要を認める傾向が強まってきた。すなわち国際政治にとどまらず,まず世界政治world politicsという枠組みを措定し,その一つの側面として国際政治つまり国家間政治の力学をとらえるというアプローチの有効性が高まっているのが,現代の特徴である。世界政治【坂本 義和】。…

※「世界政治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

世界政治の関連キーワードダット(Rajani Palme Dutt)米欧元高官の核廃絶提言G. ボイティンスキーパワー・ポリティクス資本主義の全般的危機マリヤ ルキャノヴァH.D. ラスウェルバン・チエン・ズンL. メンデリソンクメール・ルージュスターリング地域トラハテンベルグY. ペヴズネル外交問題評議会世界システム論ホワイトハウス大アジア主義モスクワ宣言テロとの戦い長谷川 才次

世界政治の関連情報