コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノホルム chinoform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノホルム
chinoform

ヨウ素含有量 43%,灰黄色で無味,無臭,無刺激性,水にほとんど溶けない粉末外傷手当てに用いるほか,無害な整腸剤として大腸炎赤痢などに多用されていたが,1965年から 69年にかけて,岡山県井原市を中心に多発したスモンの原因にキノホルム剤中毒説が出され,70年9月厚生省が内服用としての販売,使用を禁止した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キノホルム(chinoform)

キノリン誘導体。淡黄褐色の粉末。腸内殺菌・防腐薬として広く用いられたが、スモン病の原因になるとして、日本では昭和45年(1970)使用禁止。キノフォルム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キノホルム

スモンの原因と目されている抗アメーバ薬。かつては腸管からの吸収が少なく安全な腸内殺菌薬であると信じられていたが,1970年スモンとの関連においてその副作用が重大な問題となり,1970年9月にキノホルムおよびこれを含む製剤の販売・使用が停止。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キノホルム【chinoform】

抗アメーバ薬で,黄色,無臭の粉末。分解点175℃。沸騰無水エタノール,熱氷酢酸には溶けるが,水,エタノールにはほとんど溶けない。アメーバは栄養型よりも囊胞型のほうが抵抗性が大きいが,キノホルムは腸管内の両型のアメーバに有効であり,他の器官のアメーバにはほとんど効かない。この薬物の出現したのは1899年であり,当初はヨードホルムの代りに防腐薬として創面,やけど,潰瘍などに用いられた。アメーバ赤痢に対しては,10日間内服,7~10日の休薬期間をおいて,また10日間内服,という使い方であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キノホルム【Chinoform】

化学的に合成された淡黄色の粉末薬品。創面・火傷やけど・腸内異常発酵・細菌性腸疾患・下痢の治療に用いたが、スモン病との関連が指摘され、1970年(昭和45)に製造・販売が禁止された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノホルム
きのほるむ
chinoform

各種細菌や赤痢アメーバなどの原虫による疾患に有効な内服可能の殺菌剤。腸管からの吸収が少なく、消化管内の殺菌や腸内異常発酵の抑制に有効なため、細菌性の下痢症の治療に腸内殺菌剤、止瀉(ししゃ)剤(下痢どめ)として繁用されたが、1970年(昭和45)スモンの一原因としてその副作用が重大問題となり、医薬品としての製造販売が禁止された。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキノホルムの言及

【スモン】より

…subacute myelo‐optico‐neuropathy(亜急性脊髄・視神経・末梢神経障害)の略。スモンは,下痢止めとして市販されていたキノホルムにより生ずる神経障害で,1972年までに全国で1万1007人の患者をもたらした。本症は1955年ころから日本でぽつぽつと発生し,漸次増加の一途をたどり,原因不明の病気として医学界はもちろん大きな社会問題となった。…

※「キノホルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キノホルムの関連キーワードスモン(SMON)薬害スモン豊倉 康夫甲野 礼作スモン訴訟椿 忠雄オキシンSMONスモン病井形昭弘白木博次豊倉康夫甲野礼作相良丰光椿忠雄薬害

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android