キハダ(魚類)(読み)キハダ

百科事典マイペディアの解説

キハダ(魚類)【キハダ】

サバ科の魚。別名キワダ。地方名マシビ,イトシビ,キンヒレなど。小型の若魚はキメジともいわれる。全長2mになる。世界中の暖海に広く分布するマグロ類。日本海にはまれ。体側に黄色みがあるため黄肌の名があるが,鮮度が落ちるとこの色は消失する。第2背びれとしりびれおよびそれらの副びれは淡黄色。産額が多く,刺身,すし,缶詰などにする。夏に特に美味。
→関連項目マグロ(鮪)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる