キビ(黍)(読み)キビ(英語表記)Panicum miliaceum; common millet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キビ(黍)
キビ
Panicum miliaceum; common millet

イネ科の一年草。インドの原産とされるが中国内陸などの乾燥地で,古代から栽培されてきた。日本にも朝鮮半島を経て渡来し,栽培の歴史は古い。今日でも西日本や北海道でつくられている。高さ 1m以上になり,幅の広い線形の葉が互生する。葉の幅は 2cm,長さ 30cmで粗毛がある。秋に,茎頂に細かく枝分れした花穂を出し,上半は湾曲して垂れ下がる。穎果は黄色ないし白色粒状。乾燥に強くやせ地に育つ。飴,餅,きびだんごのほか,小鳥,家畜飼料に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キビ(黍)【キビ】

イネ科の一年生雑穀類の一つ。東アジア原産といわれる。高さ1〜1.5m。葉は長い軟毛を密生。花穂は複総状で,2〜3回分枝し,先端に小穂をつける。種実は卵状小型で,黄または白色。もち,うるちなどの品種がある。初夏に種子をまき,秋収穫。近年は生産が激減。種子をだんご,餅(もち),酒などの加工原料,飼料とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キビ【キビ(黍) Panicum miliaceum L.】

五穀のひとつで,イネ科の一年草(イラスト)。英名millet,proso millet,common millet,hog millet。種子は栄養価が高く,古くから重要な食糧とされてきたが,最近ではほとんど常食とされない。古名〈キミ〉は実が黄色を帯びることに由来する。《万葉集》の歌2首にキビの名が見られる。野生系統は知られていないが,近縁種としてアフガニスタンからモンゴルに分布するP.spontaneumが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキビ(黍)の言及

【雑穀】より

…アワ,キビ,ヒエなどの総称で,英語のミレットmilletに対応する語。すでに《日葡辞書》(1603)にも〈Zacocuザコク(雑穀)〉として掲出されている。…

※「キビ(黍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android