コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キビ(黍) キビ Panicum miliaceum; common millet

3件 の用語解説(キビ(黍)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キビ(黍)
キビ
Panicum miliaceum; common millet

イネ科の一年草。インドの原産とされるが中国内陸などの乾燥地で,古代から栽培されてきた。日本にも朝鮮半島を経て渡来し,栽培の歴史は古い。今日でも西日本北海道でつくられている。高さ 1m以上になり,幅の広い線形の葉が互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キビ(黍)【キビ】

イネ科の一年生雑穀類の一つ。東アジア原産といわれる。高さ1〜1.5m。葉は長い軟毛を密生。花穂は複総状で,2〜3回分枝し,先端に小穂をつける。種実は卵状小型で,黄または白色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キビ【キビ(黍) Panicum miliaceum L.】

五穀のひとつで,イネ科の一年草(イラスト)。英名millet,proso millet,common millet,hog millet。種子は栄養価が高く,古くから重要な食糧とされてきたが,最近ではほとんど常食とされない。古名〈キミ〉は実が黄色を帯びることに由来する。《万葉集》の歌2首にキビの名が見られる。野生系統は知られていないが,近縁種としてアフガニスタンからモンゴルに分布するP.spontaneumが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキビ(黍)の言及

【雑穀】より

…アワ,キビ,ヒエなどの総称で,英語のミレットmilletに対応する語。すでに《日葡辞書》(1603)にも〈Zacocuザコク(雑穀)〉として掲出されている。…

※「キビ(黍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キビ(黍)の関連キーワードアワ(粟)犬稗五穀の神小判草庭埃笹茅糠黍エンバク(燕麦)ヒトデ(海星∥人手)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone