キマダラヒカゲ

百科事典マイペディアの解説

キマダラヒカゲ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に含まれる2種。ジャノメチョウ科とすることもある。おもに低山帯に生息するサトキマダラヒカゲ山地に生息するヤマキマダラヒカゲがある。開張60mm内外,褐色で,黄色の紋がある。幼虫はササ,タケなどの葉を食べ,蛹(さなぎ)で越冬。成虫は年1〜3回発生し,樹液によくくる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キマダラヒカゲ

鱗翅目ジャノメチョウ科キマダラヒカゲ属Neopeに属する昆虫の総称。中型のジャノメチョウで開帳5~7.5cm。ヒマラヤ,中国西部,台湾から日本にかけて分布する。日本にはサトキマダラヒカゲN.goschkevitschii(イラスト)とヤマキマダラヒカゲN.niphonicaの2種が見られ,いずれも固有種として知られる。サトキマダラヒカゲは開帳5.5~7cm。翅の表面の黄褐色の筋がよく発達し,裏面も明るい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キマダラヒカゲ
きまだらひかげ / 黄斑日陰蝶
[学]Neope

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本に産するこのネオペ属Neopeのチョウは長い間ただ1種と思われていたが、これは外観的に酷似した2種を混同していたことが明確となったので、現在ではキマダラヒカゲの和名は学術上には用いられない。その2種はサトキマダラヒカゲNeope goschkevitschiiとヤマキマダラヒカゲN. niphonicaである。両種とも北海道から九州にかけて分布するが、日本の多くの地域では前種は平地から低山地に、後種は山地にすみ分けるのが一般であるので、前記のような和名がつけられている。利尻(りしり)島、佐渡島、屋久(やく)島に分布するのは後種であり、前種は分布しない。はねの開張は両種とも55~65ミリメートル内外。両種とも寒冷地(たとえば北海道の山地)では年1回の発生(7、8月)、暖地では年2回(4~6月、7~9月)の発生。幼虫の食草はともにタケ類であるが、サトキマダラヒカゲがタケ、ササの類を食べるのに対し、ヤマキマダラヒカゲは主としてササ類のみを食べ、好みの範囲が狭い。ススキは地域によってはヤマキマダラヒカゲの食草となるが、サトキマダラヒカゲはこれを食べない。越冬態はともに蛹(さなぎ)である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android