キャサリン(読み)きゃさりん(英語表記)Catherine of Aragon

日本大百科全書(ニッポニカ)「キャサリン」の解説

キャサリン
きゃさりん
Catherine of Aragon
(1485―1536)

イギリス王ヘンリー8世の第1王妃。スペイン王(もとのアラゴン王)フェルナンド2世とその妃(もとのカスティーリャ女王)イサベル1世との間に生まれた。イギリスの王太子アーサーと1501年結婚したが、夫の死によりその弟ヘンリー8世の妃となった(1509)。初めは統治についても協力、13年、王の不在中にスコットランド軍が進攻してきた際、王妃が防衛策を講じた。だが男子に恵まれずしだいに王の焦燥が高じ、アン・ブリンを恋したことも加わって王は離婚を決意。これがイギリス宗教改革の直接的原因となった。33年ついに彼女は王妃の地位を失ったが、自身はヘンリーとの結婚の正当性を疑うことがなかった。娘メアリー(後のメアリー1世)からも遠ざけられ孤独のうちに死去。

[植村雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「キャサリン」の解説

キャサリン

生年月日:1485年12月16日
イギリス国王ヘンリー8世の最初の妃
1536年没

キャサリン

生年月日:1638年11月25日
ポルトガル王女
1705年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android