コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャザー Cather, Willa Sibert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャザー
Cather, Willa Sibert

[生]1873.12.7. バージニア,ウィンチェスター
[没]1947.4.24. ニューヨーク
アメリカの女流作家。9歳のときネブラスカに移住,その風土と各国からの移民の生活に親しんだ。ネブラスカ州立大学卒業後,ピッツバーグでジャーナリズムに関係,また教職についた。 1903年処女詩集『4月のたそがれ』 April Twilights,次いで短編集『トロールの庭』 The Troll Garden (1905) を発表。やがて女流作家ジュエットの影響もあって,自分の育った環境に目を向けるようになり,ネブラスカの生活を背景に開拓者魂と勇気を描いた『おお開拓者よ』O Pioneers! (13) ,『私のアントニア』 My Antonia (18) によって作者本来のテーマを見出し,次いで『われらの一人』 One of Ours (22) でピュリッツァー賞を受け名声を確立した。その他,いずれも地方色豊かな小説『迷える夫人』A Lost Lady (23) ,『大司教に死は来る』 Death Comes for the Archbishop (27) ,『ルーシー・ゲイハート』 Lucy Gayheart (35) ,『サファイラと奴隷娘』 Sapphira and the Slave Girl (40) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キャザー

米国の女性作家。ネブラスカで少女時代を送り,その見聞から移民開拓者の生活を地方色豊かに描いた《おお,開拓者たちよ》(1913年),《私のアントニーア》(1918年)や,スペイン時代のニューメキシコのカトリック修道士を扱った《死を迎える大司教》(1927年)などを書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャザー【Willa Cather】

1873‐1947
アメリカの女流作家。バージニア州生れ。9歳のときネブラスカ州へ移住。大平原の自然とそこに生きるヨーロッパからの移民たちとの出会いから大きな影響をうけた。ネブラスカ州立大学を卒業後,ピッツバーグとニューヨークで教師,編集者。1912年発表の《アレクサンダーの橋》で文壇へ。大平原やアメリカ南西部の自然から力を得て,開拓者や芸術家として自立していく力強い女性を描いた《おお,開拓者たちよ》(1913),《ヒバリの歌》(1915),《私のアントニーア》(1918)が代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キャザー【Willa Sibert Cather】

1873~1947) アメリカの女流小説家。地方色豊かな開拓者の生活を書いた。代表作「おお、開拓者よ」「私のアントニア」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャザー
きゃざー
Willa Sibert Cather
(1873―1947)

アメリカの女流小説家。バージニア州生まれ。幼いころネブラスカ州に移り、移民や開拓者の社会で育ち、その体験に基づいて多くの作品を書き、地方主義作家の一人に数えられる。ネブラスカ大学卒業後、新聞・雑誌の仕事や教員をするかたわら創作を始めた。ニューヨークで文芸雑誌『マックルア』の編集に関係(1906~12)しながら、長編『アレグザンダーの橋』(1912)を出版。やがて、ともに中西部の大草原を舞台に、たくましく生きる開拓者の女性を主人公とした『おお開拓者よ!』(1913)と『私のアントニーア』(1918)を発表。『われらの仲間』(1922)ではピュリッツァー賞を受けた。ほかの主要作品に『迷える夫人』(1923)、『死を迎える大司教』(1927)、『岩の上の影』(1931)などがある。キャザーの小説は、運命と自然に対し、果敢に闘う人間の姿を美しい文体で表現し、アメリカ文学史上独自の地位を保っている。[小林恵昭]
『小林健治訳『おお開拓者よ!』(『現代アメリカ文学全集2』所収・1957・荒地出版社) ▽石井桃子編『20世紀英米文学案内12 キャザー』(1967・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キャザーの関連キーワードメーリ キャザーウッドジューエット12月7日ジェームズ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android