コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャラバンサライ caravansary

翻訳|caravansary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャラバンサライ
caravansary

隊商のための宿泊施設。トルコではハーン,中央アジアではラバト,北アフリカではフンドゥークと呼ぶこともある。街道の途中にある場合は通常,1ヵ所だけ門を開いた堅固な周壁で防備され,中庭に面して諸室を設ける。人の使う部分とらくだや馬の使う部分の配置によっていくつかの形式がある。すなわち,重層とし上下に分けるもの,厩などを後方に付属させるもの,中庭に直接面する部分と周壁に沿う部分とに区分するものなどがある。商人のほか,巡礼者なども宿泊し,都市の中に設けられる場合もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キャラバンサライの関連キーワードファテープル・シークリーファテプル・シークリースレイマン・モスク隊商(キャラバン)ニール ショーンサフランボル市街アバシ・ホテルイスタンブールイスファハーンサフランボルイスラム建築イスラム美術タブリーズデルベントダマスカスキュリエアムラ城ソフィアアレッポウズボイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャラバンサライの関連情報