キャロル(歌)(読み)きゃろる(英語表記)carol

翻訳|carol

日本大百科全書(ニッポニカ)「キャロル(歌)」の解説

キャロル(歌)
きゃろる
carol

中世後期からルネサンス初頭にかけてイギリスで繁栄した歌の一種。民衆的な舞踏歌、民衆的な宗教歌、行列式などで歌われる典礼歌などさまざまな形態があり、単旋律のものもポリフォニー楽曲もあった。聖母マリアやキリスト降誕を祝う聖者たちをはじめ、キリストの受難や復活、さらには恋愛や社会的、政治的できごとに至るまで、さまざまな内容を英語またはラテン語で歌っている。宗教改革以後、典礼形式の変化などに伴ってキャロルの内容も変化していった。今日では一般に、クリスマスに関連した歌のことを意味し、クリスマス・キャロルとよばれている。

[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android