コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウカンチョウ Gracula religiosa; common hill myna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュウカンチョウ
Gracula religiosa; common hill myna

スズメ目ムクドリ科。全長 29cm。白帯(開かないと見えない)があるほかは全身金属光沢のある黒色で,目の後ろから後頸にかけて黄色の皮膚が裸出した付属部,肉垂が目立つ。赤橙色,脚は黄色。インド東部から東南アジアにかけて分布する。森林や果樹園などにすみ,果実食だが,花蜜や昆虫も食べる。小群をつくって暮らし,巣は樹洞など穴のなかにつくる。ものまねをする鳥としてオウム類とともに有名で,飼鳥として人気がある。野生の鳥は鳴き声にいくつかのレパートリーをもち,若鳥のときに学習して覚えるが,ほかの鳥の鳴きまねはしない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュウカンチョウ
きゅうかんちょう / 九官鳥
hill myna
[学]Gracula religiosa

鳥綱スズメ目ムクドリ科の鳥。同科キュウカンチョウ属2種中の1種。全長約25~28センチメートル。全体に紫色の光沢がある黒色で、翼に白斑(はくはん)がある。顔から後頸(こうけい)、後頭部にかけて存在する黄色の肉質部がこの鳥の特徴である。嘴(くちばし)、足は黄色。中国南部、インドシナ半島、ミャンマー(ビルマ)、ネパール、インド、スリランカ、マレーシア、フィリピン、インドネシアなどの山地や森林帯に広く分布し、普通は小群で生息している。生息地域によって全体の大きさや、後頸肉質部の形状などが異なり、10亜種に分類されている。日本には江戸時代から輸入されるようになったと思われる。九官という中国人が持参したとき、この鳥が自分の主人の名をよんだので九官鳥と名づけられたという挿話がある。この話からもわかるように、人語やほかの鳥の鳴きまねは実に巧みで、オウム科のヨウム以上の天才である。「こんにちは」「おはよう」などは序の口で、歌曲の一節を口ずさんだり、人をからかうような高笑いをしたりもする。身体は頑丈で足も太くじょうぶである。すむ場所を暖かく、乾燥しすぎないように気をつければ、雑食性であり、果実、昆虫類を好むので非常に飼育しやすく、飼い鳥として人気が高い。物まねをさせるには幼鳥から飼育するのがよい。ジャワ島産のオオミミキュウカンチョウも1亜種であるが、物まねは巧みではない。
 キュウカンチョウ属の他の1種はスリランカにのみ生息するセイロンキュウカンチョウG. ptilogenysで、キュウカンチョウと異なり、肉質部は顔面になく後頭部にのみ存在し、嘴は赤色である。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キュウカンチョウの関連キーワード飼い鳥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android