コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュチュク・カイナルジャ条約 キュチュクカイナルジャじょうやく

百科事典マイペディアの解説

キュチュク・カイナルジャ条約【キュチュクカイナルジャじょうやく】

1774年締結された露土戦争(1768年―1774年)の講和条約。名称はブルガリア北東部の条約締結地にちなむ。クチュク・カイナルジ条約とも。ロシアはドン,ドニエプル両河口,アゾフ海沿岸地帯を割取,黒海自由航行権とダーダネルス海峡ボスポラス海峡の出入権を獲得した。
→関連項目露土戦争

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュチュク・カイナルジャ条約
きゅちゅくかいなるじゃじょうやく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キュチュク・カイナルジャ条約の関連キーワード東方問題ヤシ条約ケルチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android