キュチュク・カイナルジャ条約(読み)キュチュクカイナルジャじょうやく

百科事典マイペディア の解説

キュチュク・カイナルジャ条約【キュチュクカイナルジャじょうやく】

1774年締結された露土戦争(1768年―1774年)の講和条約名称はブルガリア北東部の条約締結地にちなむ。クチュク・カイナルジ条約とも。ロシアはドン,ドニエプル両河口,アゾフ海沿岸地帯を割取,黒海自由航行権とダーダネルス海峡ボスポラス海峡の出入権を獲得した。ロシアの南下政策の第一歩で,東方問題端緒となる。
→関連項目露土戦争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 の解説

キュチュク・カイナルジャ条約(キュチュク・カイナルジャじょうやく)
Küçük Kaynarca

1774年7月,オスマン帝国とロシアとの間に結ばれた講和条約。キュチュク・カイナルジャは南東ブルガリアの地名。この条約はオスマン帝国にとって,アゾフなど黒海北岸の割譲クリム・ハン国自立,黒海におけるロシア船の自由航行権の承認など,長く維持していた黒海地域への独占的な支配権喪失を意味した。一方ロシアにとっては,オスマン帝国領内の正教徒に対する保護権を認めさせるなど,南下政策を大きく前進させるものとなった。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

キュチュク・カイナルジャ条約
きゅちゅくかいなるじゃじょうやく

クチュク・カイナルジ条約

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android