コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューバ革命 キューバかくめい Cuban Revolution

7件 の用語解説(キューバ革命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キューバ革命
キューバかくめい
Cuban Revolution

1959年キューバに起った革命。指導者 F.カストロのもとほどなく社会主義化に向った。 52年大統領選挙に勝ちめなしとみた F.バティスタ・イ・サルディバル将軍がクーデターで樹立した政権に対し,カストロ武装蜂起を企て 53年7月 26日東部サンチアゴモンカダ兵営を襲撃したが失敗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

キューバ革命

フィデル・カストロが主導した「7月26日革命運動」は1953年7月26日に政府軍のモンカダ兵営を襲撃して武装闘争を開始し、バチスタ独裁政権を打倒、59年1月に革命政権を樹立した。人道主義をもとに虐げられていた貧しい農民、労働者らの利益を代弁する政府と、社会正義に基づく理想社会の建設を掲げた。当初は米国との友好を求めたが、農地改革の過程でキューバの大半を占めていた米国系企業の土地を接収したため対立。米国はキューバの主要産業である砂糖の輸入を停止し、キューバは米国系企業の国有化で対抗した。冷戦のさなか、キューバを取り込もうとしたソ連は砂糖の買い付けなど経済協力を申し出たためキューバは急速にソ連に接近、革命は東西対立に巻き込まれた。米国は61年にキューバとの国交断絶を通告、米国の支援で反革命部隊が武力侵攻するピッグス湾事件(プラヤ・ヒロン事件)が起きた。キューバは社会主義革命を宣言し、革命は社会主義に向かった。62年、米国はキューバに対し全面禁輸措置を実施し、ソ連が配備したミサイルをめぐって米国が海上封鎖するキューバ危機が発生した。2003年7月の第50回革命記念日にカストロ国家評議会議長は半世紀前に蜂起したサンティアゴデクーバの兵営跡で「今や飢えて死ぬ者も医者にかかれない者もいない」と演説した。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キューバ‐かくめい【キューバ革命】

1950年代後半、カストロらの指導の下に行われたキューバの社会主義革命。1956年、バティスタ独裁政権に対するゲリラ活動を開始。1959年に新政権を樹立して農業改革・企業国有化などを推進。1961年に社会主義宣言を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キューバ革命【キューバかくめい】

カストロに指導されてキューバで行われた,ラテン・アメリカにおける最初の社会主義革命。バティスタ独裁政権打倒を目ざし,1953年7月26日のモンカダ兵営攻撃には失敗したが,1956年ゲリラ戦を開始し,1959年政権を獲得。
→関連項目カリブ海キューバキューバ危機キューバ共産党ゲバラサンディニスタ運動トゥパック・アマルー革命運動ハバナ宣言ヒスパニックプンタ・デル・エステ憲章ラテン・アメリカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キューバかくめい【キューバ革命】

フィデル・カストロの指導のもとにキューバで行われた,ラテン・アメリカにおける最初の社会主義革命。
[反乱の開始]
 〈すべてはモンカダから始まった〉といわれるように,キューバ革命は,1953年7月26日,カストロが率いる反乱グループが東部オリエンテ州のサンチアゴ・デ・クーバ郊外にあるモンカダ兵営を襲撃することによって始まった。襲撃の狙いは,兵営を占拠して武器を奪取し,ラジオ放送を通じて前年3月にクーデタで政権に就いたF.バティスタを打倒するよう全国民に呼びかけることであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キューバかくめい【キューバ革命】

独裁政権を倒し、社会主義を樹立したキューバの革命。1953年からの独裁反対運動が、カストロやゲバラを指導者とするゲリラ活動に発展。59年に農民・労働者の支持による新政府が成立、61年カストロが社会主義を宣言した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キューバ革命
きゅーばかくめい

カリブ海の小島キューバで起こった革命。ゲリラ戦による武装闘争で独裁政権を打倒したのち、ラテンアメリカで最初の社会主義革命へと発展した。既存の共産党の指導によらずに社会主義革命を達成したこのユニークな革命は、ゲリラ戦で権力を奪取するという独特な革命の方法や、ラテンアメリカでは社会主義革命によってのみ対外的従属や低開発の状態から真に脱却できるという理論を提起したことにより、その後のラテンアメリカの革命運動に大きな影響を及ぼした。
 革命の社会的、経済的背景となったのは、この国が20世紀初めにアメリカの「保護国」として独立して以来、実質的にアメリカの植民地支配下に置かれてきた状況である。アメリカ政府は独立に際してキューバの憲法に、必要とあればいつでも内外政に干渉できることを規定した条項(プラット修正)の挿入を強制し、事実その条項が1934年に撤回されるまで数次にわたってこの国に軍事干渉を行った。一方、19世紀末以来、砂糖産業を中心に行われたアメリカの対キューバ投資は独立後も増大し続けたため、キューバの経済は著しく対米従属的な砂糖モノカルチュア経済となった。革命前、大部分の土地はアメリカ人やキューバ人の大地主の手に集中し、土地を所有しない小作人や農業労働者の数は農民の約80%を占めた。サトウキビの収穫期以外の時期は「死の季節」とよばれ、多くの農民や労働者が失業し、貧困や飢餓で苦しんだ。彼らを吸収するための工業化もアメリカ製品の流入によって遮られた。1940年の憲法は土地改革や工業化を定めていたが、歴代政府のもとでそれらが実施されぬうちに、1952年3月、軍事クーデターでフルヘンシオ・バチスタが政権につき、植民地的支配の新たな局面が現れた。
 革命の第一段階は、1953年7月26日、フィデル・カストロが率いる武装した青年たちがバチスタ打倒のための反乱に立ち上がったことにより始まった。この「モンカダ兵営襲撃」は失敗し、カストロらは捕らえられ裁判で有罪判決を受けた。やがて恩赦で釈放された彼らはメキシコに渡り、そこで革命組織「7月26日運動」を結成した。1956年末「グランマ」号に乗ってキューバに侵入した彼らは、オリエンテ州のシエラ・マエストラ山脈を舞台にゲリラ戦による新たな革命戦争を開始した。彼らは農民たちを闘争に参加させるとともに、広範な階層よりなる反バチスタ統一戦線を組織して闘いを進め、1959年1月1日、アメリカ政府からも見離され孤立無援となったバチスタをついに政権の座から追放した。革命後最初の政権は、中産階級を含む穏健な政府であったが、実権は革命軍の総司令官であったカストロが握っており、1959年5月に第一次農地改革法を制定してキューバ社会の構造改革に着手するや、穏健派が革命から脱落し始めるとともに、アメリカ政府との関係も悪化し、1960年10月のアメリカ人資産の全面国有化、1961年1月のアメリカとの国交断絶を経て、ついに1961年4月に社会主義革命を宣言するに至った。[加茂雄三]
『加茂雄三編『ドキュメント現代史11 キューバ革命』(1973・平凡社) ▽K・S・カロル著、弥永康夫訳『カストロの道――ゲリラから権力へ』(1972・読売新聞社) ▽ハーバート・マシューズ著、加茂雄三訳『フィデル・カストロ――反乱と革命の創造力』(1971・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキューバ革命の言及

【カリブ海】より

…このような合衆国の覇権政策に対して,この地域諸国はハイチでのカコと呼ばれる武装農民の反乱(1918)や,ドミニカ共和国での軍事占領に対する抵抗,キューバでの33年の民族主義的な革命の勃発など,さまざまな抵抗を示したが,結局これらは封じ込められ,1930年代から50年代にかけて,キューバ,ハイチ,ドミニカ共和国などでは合衆国の権益を守護する独裁者たちが出現した。カリブ海政策
[地域としての課題]
 このような合衆国によるヘゲモニーを打破する最初の動きとなったのが1959年のキューバ革命であり,それは独裁者の打倒,反米民族主義の闘い,社会主義革命という急進的な道を歩んで,カリブ海のみならずラテン・アメリカ現代史全般にとっての一大画期となった。一方,イギリス領植民地でも1930年代から労働運動の高揚や,政党の結成などを通じて自治を要求する動きが強まり,第2次世界大戦後には,西インド諸島連邦(1958‐62)が解体して60年代以降独立国が続々と誕生した。…

【植民地】より

…その結果,ガーナ(1957)をはじめとする多数のアフリカ諸国があいついで独立し,とりわけ独立が集中した1960年は〈アフリカの年〉と呼ばれた。そしてキューバ革命(1959)とその社会主義宣言は,ラテン・アメリカがアメリカの〈裏庭〉から脱しはじめたという歴史の流れの転換を示すものであり,チリの挫折(1973年,人民連合政権に対する軍事クーデタ)を経たとはいえ,ニカラグア革命(1979)にみられるように解放運動の流れは一貫して継続している。 しかしながらその一方では,政治的独立後も旧本国との経済的従属関係を持続している〈新植民地〉も多数存在している。…

【ラテン・アメリカ文学】より

… 問題の〈ブーム〉が生じた背景には,第2次世界大戦後に起こった都市化,それに伴う中産階級の増加,各地の大学が核となった読者層の拡大,スペイン内戦の結果としての多くの作家・知識人たちの亡命,といった有利な条件があった。バルセロナを中心にしたスペイン出版業界の積極的な支援という要因も忘れるわけにはいかないし,さらに,59年に独裁者バティスタを倒して社会主義政権を樹立させたキューバ革命によって与えられた,好ましい刺激も見のがすことはできない。革命に対立するもの以外はすべて可とする寛大な文芸政策を打ち出したカストロ政権は,文化機関である〈アメリカの家〉の創設や同名の文芸誌の発刊を通じて,互いに孤立していた大陸全体の作家たちの交流を増進すると同時に,それ以後に目ざましい活躍をみせることになる新人たちを多数送り出したのである。…

※「キューバ革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キューバ革命の関連キーワードカストロカタストロフィジストロフィーエルネスト・チェ・ゲバラジストロフィンストロガノフフィデリティーカストロンメファーアストロガンガーモンカダ兵営襲撃事件

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キューバ革命の関連情報