コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウナ(京菜) キョウナBrassica rapa var. laciniifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウナ(京菜)
キョウナ
Brassica rapa var. laciniifolia

アブラナ科の越年草。植物学上はアブラナやハクサイと同種の変種とされる。一名ミズナ。葉は深裂し,花はアブラナのような黄色の十字形花。食用のため栽培する。特に京都付近で古くからつくられたのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キョウナ【キョウナ(京菜) Brassica campestris L.var.lanciniifolia(=B.nipposinica Bailey)】

アブラナ科の種としてはアブラナに所属する一~二年草。別名をミズナ(水菜),センスジナ(千筋菜),センボンナ(千本菜),イトナ(糸菜),ヒイラギナなどともいう。京都付近で古くから栽培されており,ミズナと呼ばれていたが,のち各地に伝わって分化し,関東ではキョウナと呼ばれている。細長いロゼット葉を数多く生じ,大株となる。葉柄は白色で葉は濃緑または淡緑色で,葉の切れ込みが深く,細く裂けてとがり不整形である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキョウナ(京菜)の言及

【ミブナ(壬生菜)】より

…アブラナ科の一・二年草。ミズナ(キョウナ)の一種で,葉に欠刻のないものをとくにミブナという。京都の特産で壬生(みぶ)寺付近(現,京都市中京区南西部地区)で数百年前から作られていたものである。ミブナは京都以外ではほとんど作られていない。最近は欠刻のあるミズナよりミブナの栽培が増えてきている。分げつ性が強く,細長く,先が丸い葉を多数つける。葉色は濃緑色で,茎は細く水分が多く軟らかい。秋から冬にかけて作るが,うね間に水を入れて栽培する。…

※「キョウナ(京菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キョウナ(京菜)の関連キーワードハボタン(葉牡丹)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android