コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教社会党[ルクセンブルク] キリストきょうしゃかいとう[ルクセンブルク]Chrescheilech-Sozial Vollekspartei;Parti Chrétien Social

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教社会党[ルクセンブルク]
キリストきょうしゃかいとう[ルクセンブルク]
Chrescheilech-Sozial Vollekspartei;Parti Chrétien Social

ルクセンブルクの主要政党。 1914年設立。農民,カトリック系労働者,穏健保守層をおもな支持基盤とし,君主制の維持,労働法の斬新的改善,農業および小規模自営業への援助,教会との友好関係,国際主義的な外交政策などの中道路線をとる。 74~79年の6年間を除き,第2次世界大戦後一貫して中道連立内閣を組織してきた。 59年以降ワーナー政権が 15年間続いたが,74年5月民主党主導のソーン連立政権が誕生したことによって下野。しかし,79年6月には民主党と組んでワーナー政権を復活させ,84年6月から 95年1月までは社会労働党との連立でサンテール内閣を維持した。その後成立したユンケル内閣も同連立の枠組みを維持している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キリスト教社会党[ルクセンブルク]の関連キーワードルクセンブルク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android