コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンカチョウ キンカチョウ Taeniopygia guttata; zebra finch

3件 の用語解説(キンカチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンカチョウ
キンカチョウ
Taeniopygia guttata; zebra finch

スズメ目カエデチョウ科。全長 10~11cm。雄は頭部が灰色で頬は栗色,背面は灰褐色,喉から胸部は白と黒の細かい横縞があり,この横縞からゼブラフィンチという英名がつけられた。腹部は白く,脇腹には赤褐色の地に白斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キンカチョウ

カエデチョウ科の鳥。翼長5cm。雄は背面が緑褐色,くちばしとほおは赤い。オーストラリア原産。飼い鳥として飼育され,白色品種と淡色品種が作られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンカチョウ
きんかちょう / 錦華鳥・錦花鳥
zebra finch
[学]Poephila guttata

鳥綱スズメ目カエデチョウ科の鳥。同科キンセイチョウ属5種中の1種。ナミキンカ(並錦花)ともよばれる。全長約10センチメートル。頭部灰色、上面灰褐色。雄の耳から頬(ほお)にかけて赤褐色の大きな斑(はん)がある。またのどから胸にかけて白黒の波状斑があり、シマウマに似るので英名はその意を示している。雌はこの波状斑がなく、頬、のど、胸、腹ともに汚白色のじみな鳥である。嘴(くちばし)は光沢ある赤褐色。姿だけでなく声もかわいい鳥で広く飼育されている。オーストラリア、小スンダ列島に分布し、日本のスズメ同様に数多くすみ、草本の種子、穀物のほか、昆虫なども食べる。日本には明治のころ輸入され、完全に飼い鳥化されて、横形の壺(つぼ)巣で容易に産卵する。抱卵しないので、ジュウシマツの仮親に抱かせると安全である。種々の色変わりがつくられ、嘴だけ赤くて全身の白いシロキンカ、黒い色素を失った淡黄褐色のコダイ(古代)キンカなどがある。ブンチョウとの交雑個体をブンキンチョウとよぶが繁殖力はない。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンカチョウの関連キーワード楓鳥胡錦鳥青紅鳥紅雀カエデチョウ(楓鳥)キンセイチョウ(錦静鳥)コキンチョウ(胡錦鳥)ハタオリドリ(機織鳥)ヒワ(鶸)カエデチョウ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンカチョウの関連情報