コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンセンガニ キンセンガニ Matuta victor

2件 の用語解説(キンセンガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンセンガニ
キンセンガニ
Matuta victor

軟甲綱十脚目キンセンガニ科 Matutidaeのカニ。甲幅約 4cmで,甲の左右に一対の棘状歯があるが,全体としてほぼ円形。甲面は平らで,淡黄色の地に小豆色の小点がある。鋏脚と歩脚は黄金色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンセンガニ
きんせんがに / 金線蟹
[学]Matuta lunaris

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カラッパ科に属するカニ。甲の輪郭が丸く甲面が平らで、硬貨を思わせるのが和名の由来である。東京湾以南の西太平洋、インド洋に広く分布し、砂浜の潮間帯、とくに河口付近に多い。甲幅4センチメートルほどになり、甲はほぼ円形で、三角形にとがった歯が左右に一つずつある。はさみ脚(あし)は左右同大、それに続く4対の歩脚は、いずれも前節と指節がワタリガニ類のように板状になっている。これらを巧みに使って、歩くとも泳ぐともつかない方法で移動し、砂に潜る。甲面にはアズキ色の小点が多数あり、後半部では連なって網目状を呈するが、砂地では迷彩色となっている。甲面全面が濃紫赤色の網目で覆われているアミメキンセンガニM. planipesは、水深数メートルの砂地の海底にすんでおり、やはりインド洋まで広く分布している。琉球(りゅうきゅう)諸島には、甲面の斑点(はんてん)が小さくて少ないコモンガニM. banksiiが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キンセンガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄沢蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone