キンミズヒキ(金水引)(読み)キンミズヒキ(英語表記)Agrimonia eupatoria var. pilosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンミズヒキ(金水引)
キンミズヒキ
Agrimonia eupatoria var. pilosa

バラ科の多年草で,原野に生える。ヒマラヤから東アジア暖帯温帯に広く分布する。全草に毛を生じ,羽状葉が互生する。茎の先端が数本に枝分れして,各枝に多数の黄色の小花穂状につける。萼片花弁も5枚で,12本のおしべがある。果実は残存するの内側にでき,その萼には多数の鉤状の毛があり,人や動物に付着して運ばれる。花序タデ科ミズヒキに似ており,花が黄色いのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android