ギ(蟻)酸(読み)ぎさん

百科事典マイペディアの解説

ギ(蟻)酸【ぎさん】

化学式はHCOOH。最も簡単なカルボン酸刺激臭のある無色の液体。融点8.4℃,沸点100.6℃。水,エタノールなどに可溶。皮膚にふれると水疱(すいほう)を生じ,酸性はかなり強く,還元性がある。イラクサ,マツ,モミなどの葉,アリやハチなどの毒腺中に存在する。有機薬品の合成原料,溶剤,皮革のなめし加工,ゴム乳液の凝固剤などに使用。水酸化ナトリウム一酸化炭素を加圧加熱反応させて得る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android